読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「orange オレンジ」第3~5巻 高野苺

コミック20.「orange オレンジ」第3巻 高野苺 双葉社アクションコミックス コミック21.「orange オレンジ」第4巻 高野苺 双葉社アクションコミックス コミック22.「orange オレンジ」第5巻 高野苺 双葉社アクションコミックス 全5巻、読了。きれいなラス…

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦

読書6.「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦 角川文庫 劇場アニメ版は視聴済み。内容を忘れないうちにと思って、原作を読んでみたけど、随分奇想天外なストーリーだなあ? と思っていたアニメ版だが、これでそのまま、原作通りだったとは思わなかった。それだ…

ザック・スナイダー監督 「マン・オブ・スティール」

映画24.ザック・スナイダー監督 「マン・オブ・スティール」 (アメリカ・2013) 「スーパーマン」についての予備知識もほとんどゼロ。主人公は宇宙人で、普段は新聞記者をやりながら、事件があると変身して戦うんだっけ? ぐらいなもの。 この映画では…

ジョン・ケント・ハリソン監督 「赤毛のアン」

映画23.ジョン・ケント・ハリソン監督 「赤毛のアン」 (カナダ・2015) 原作はもちろん既読。テレビアニメ版も全話視聴済みだから、物語は知っているんだけれど、おなじみのセリフを英語で聞くのは勉強になるかな? と思って、字幕版を見てきました。あ…

「orange オレンジ」第1、2巻 高野苺

コミック18.「orange オレンジ」第1巻 高野苺 双葉社アクションコミックス コミック19.「orange オレンジ」第2巻 高野苺 双葉社アクションコミックス アニメ版、実写映画版、ともに未見。 実写映画版が公開されているときに、原作の第1話を収録した冊子が…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第10、11話

第10話「明日からの手紙」 第11話「ヒューマン・デブリ」 アキヒロに生き別れの弟がいて、名前がマサヒロとは・・・。敵味方に分かれて再会というあたり、なんか狙っているような感じもしたけど、この兄弟がどうなるのか気になるので、続きを待ちます。 …

「The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day」 乙一 原作:荒木飛呂彦

読書5.「The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day」 乙一 原作:荒木飛呂彦 集英社文庫 「ジョジョ」第4部を素材にしたコラボ小説という企画で、アニメ版を見た勢いで読んでみたけど、これはあんまり「ジョジョ」でやる意味がなかったというか、…

ディーン・デュボア、クリス・サンダース監督 「ヒックとドラゴン」

映画22.ディーン・デュボア、クリス・サンダース監督 「ヒックとドラゴン」 (アメリカ・2010) 一言でまとめるなら、「脳筋バカの親父を持つと息子は苦労する」という話。分かり合えない父親と息子の齟齬が、非常によく出ていて、色んな部分で共感しま…

「アオイホノオ」第17巻 島本和彦

コミック16.「アオイホノオ」第17巻 島本和彦 小学館少年サンデーコミックススペシャル 「風の戦士ダン」の誕生秘話。そもそも、この作品の原作者が雁屋哲という段階で違和感があって、よく雁屋先生が、こんなギャグ漫画の原作を書けたなあ? などと思って…

「月影ベイベ」第9巻 小玉ユキ

コミック15.「月影ベイベ」第9巻 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ 物語自体は、非常にきれいに終わって、満足したんだけれど。 どうにも最初から気になっていることがあって、書いてみる。 この作品で使われている「だら」という方言。私の地元…

ビル・コンドン監督 「美女と野獣」

映画21.ビル・コンドン監督 「美女と野獣」 (アメリカ・2017) 字幕版を視聴。昔のディズニーのアニメ版もかなり前に見たはずだけれど、内容はほとんど覚えてませんでした。 だから、どこまで今回の実写版がアニメ版に忠実なのかがわからないんだけど・…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第9話

第9話「盃」 家族というのは、何も血縁のつながりだけを指すわけでもなく。一緒に同じ家で暮らすグループを指すんだと思えばいいかな。そういう意味では、鉄華団は家族だし、広い意味で、あの親父さんが広げているテイワズというグループもグループ全体が大…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第8話

第8話「寄り添うかたち」 自分の船をまるごと自分の家にしちゃっている名瀬さんは、やっぱり、自身も孤児だったのではないか? という感じはする。だから、子どもたちを大切にするし、鉄華団に対しても、その鉄華団をまとめるオルガに対しても、責任者とし…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第7話

第7話「いさなとり」 女ばかり大量に連れ込んでいる木星の兄ちゃんが、登場。こうも、女性兵士ばかりが強調されて描かれるのを見ると、なんとなく、「Vガンダム」でシュラク隊のお姉さま方が登場したときのことを思い出す。 ただ、この人が、木星へのつて…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第6話

第6話「彼等について」 地球が4つの経済圏に分かれていることと、火星にいる貧困層を救うために独立運動があるんだという説明が入った。なるほど。そのために、クーデリアは、地球に向かいたいし、文字の読み書きもできない子どもたちが、生きるために働か…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第5話

第5話「赤い空の向こう」 この状況で、そう簡単に善意で協力してくれる大人がいるとも思えなかったが、やっぱり、罠だったか。それを見越した上で、先に手を打っておいたオルガがさすが。視聴者まで騙したわけだけれど、そのためにトドという大人を用意して…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第4話

第4話「命の値段」 自分たちの力で、できるだけのことをする。と、少年たちは着々と仕事を進めているみたいで。むしろ、頭の固い大人の方が、彼らの妨げになっている構図。特にトドみたいなキャラが用意されていると、やっぱり、なんとなく高橋良輔作品っぽ…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第3話

第3話「散華」 三日月は、汚れ役担当という感じに見える。主人公に積極的に人殺しをさせる作品は、ガンダムでも珍しいような気もするが、戦場の兵士という部分を突き詰めていけば、そうなるよね。上官の命令に淡々と従う的な。この場合、三日月が従うのは、…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2話

第2話「バルバトス」 「命は大事だよ。自分の命も。みんなの命も」 三日月がなんのために戦うのか? という部分を、最低限のセリフと何気ない演出で伝えてきたのがいいな。と思った。彼は仲間を守りたいだけなのか。 そういう底辺に生きる少年たちの思いを…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第1話

第1話「鉄と血と」 随分と地味な作風だなあ。と思った。戦場ものらしく、派手な色を抑えて、重く、暗くしてあるのかもしれないが、あんまり華はないよね。独立運動を扱っているせいか、なんとなく、「太陽の牙ダグラム」を思い出した。 使い捨てにされてい…

「ヤング ブラック・ジャック」第12話

第12話「狂騒の季節」 原作だとサファイアの恋は、片思いだったような気がしたけど、アニメだと両思いっぽく見えるので、そのほうがいいな。と思った。 学生運動については詳しくないが、昔の人達はやっぱり過激だな、と思う。本当に、仲間の少女にまでこ…

「クジラの子らは砂上に歌う」第7~9巻 梅田阿比

コミック12.「クジラの子らは砂上に歌う」第7巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック13.「クジラの子らは砂上に歌う」第8巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック14.「クジラの子らは砂上に歌う」第9巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミ…

「ヤング ブラック・ジャック」第11話

第11話「無残帳 その3」 ありとあらゆる二次創作に対して、「ここまではやっていいけど、ここから先は嫌だ」という許容範囲というものがあって、その線引がどこになるかは人によって違うというか、性格にもよるし、元の作品への思い入れによっても違うん…

ガース・ジェニング監督 「SING シング」

映画20.ガース・ジェニング監督 「SING シング」 (アメリカ・2016) お義母さんにWOWOWを勧めて、加入させたら、「ズートピア」を見て気に入ったそうで、そういう動物が出てくるアニメの映画を見たいと言い出したので、「SING」の話をして、一…

「ヤング ブラック・ジャック」第10話

第10話「無残帳 その2」 「アニメ版は、原作よりはマイルドに描かれていたよ」と夫が言っていたので、ストーリーに変更でもあるのだろうか? と思っていたけど、やっぱり、アニメで見ても、ひどい話だったね、この話は。それとも、オチの部分に変更がある…

「クジラの子らは砂上に歌う」第5、6巻 梅田阿比

コミック10.「クジラの子らは砂上に歌う」第5巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック11.「クジラの子らは砂上に歌う」第6巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 泥クジラの秘密がどんどん明らかになっていき、世界も広がりを見せている。外の…

ジョス・ウェドン監督 「アベンジャーズ」

映画19.ジョス・ウェドン監督 「アベンジャーズ」 (アメリカ・2012) キャプテン・アメリカ、超人ハルク、アイアンマン、マイティー・ソーが勢揃いして、ロキと戦う物語。あんまり詳しくはないけど、スナイパーのお兄さんもホーク・アイという名前だし…

「ヤング ブラック・ジャック」第12巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご

コミック9.「ヤング ブラック・ジャック」第12巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご 秋田書店ヤングチャンピオンコミックス 物語がそろそろまとめに入ってきたのか? 間くんも医師免許を取れたみたいだし、ここから先は、その医師免許を取り…

「翔ぶが如く」第10巻 司馬遼太郎

読書4.「翔ぶが如く」第10巻 司馬遼太郎 文春文庫 全10巻、読了。一昨年の11月から読み始めたから、1年半近くもかけてせっせと読んでいたけど、ようやく読み終わりました。時間がかかったけど、読み終えて満足。長かった西南戦争がようやく終結したし…

「ヤング ブラック・ジャック」第8、9話

第8話「苦痛なき革命 その2」 第9話「無残帳 その1」 こうして通しで見ていくと、物語がちゃんとつながっているのがよく分かる。無痛症の彼の物語は、ドクター・キリコの出て来るベトナムの話とつながるし、無残帳の百樹先生の物語は、第1話の手足の千…

「クジラの子らは砂上に歌う」第3、4巻 梅田阿比

コミック7.「クジラの子らは砂上に歌う」第3巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック8.「クジラの子らは砂上に歌う」第4巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 順序として逆なのはわかっているんだけれど、なんだかアニメを見る前にネタバレを…

「一瞬と永遠と」 萩尾望都

読書3.「一瞬と永遠と」 萩尾望都 朝日文庫 萩尾先生の文章は、エッセイですら、リズミカルで美しく、物語的だなあ。と思った。

「ヤング ブラック・ジャック」第7話

第7話「苦痛なき革命 その1」 原作は読んでいるはずなんだけれど、物語の展開はすっかり忘れていて、この男性キャラが無痛症なのは覚えていたんだけれど、結局、なんでそうなったんだっけ? そして、どうなったんだっけ? という部分はすっかり忘れていて…

ジョン・ファヴロー監督 「アイアンマン2」

映画18.ジョン・ファヴロー監督 「アイアンマン2」 (アメリカ・2010) ノーラン版の「バットマン」3部作を見終えたので、久しぶりに「アベンジャーズ」の方に戻ってきました。トニー・スタークの明るい軽いノリが懐かしい。ある意味、「バットマン」…

「ヤング ブラック・ジャック」第6話

第6話「ベトナムにて その3」 ベトナム編、完結。きれいに終わったし、いい話だったと思う。 そういえば、私は原作を読んだときでさえ、この彼がドクター・キリコだって、最初から知っていたわけなんだけれど、物語的には、オチの部分で初めて明かされると…

湯浅政明監督 「夜は短し歩けよ乙女」

映画17.湯浅政明監督 「夜は短し歩けよ乙女」 (日本・2017) 原作小説は未読。湯浅監督の「四畳半神話大系」のアニメ版だけ視聴済み。 予告を見た限り、女性に告白もできない気弱な男の子が、彼女のために頑張る話なのかな? などと思っていたが、見て…

「ヤング ブラック・ジャック」第5話

第5話「ベトナムにて その2」 ドクター・キリコ、初登場。やっぱ、かっこいいわ~。とてもキリコには見えないわ。医者としての使命感に燃えている戦場の軍医って設定が実に美味しい。 アニメを見て、改めて気づいたこととしては、BJ先生がキリコからその…

「海街diary」第8巻 恋と巡礼 吉田秋生

コミック6.「海街diary」第8巻 恋と巡礼 吉田秋生 小学館fsコミックス 結婚祝いに鮭ととうもろこしを送ってきたら、それって、そんなに悪いことなんだろうか? と、ちょっと考えてしまった私も、普通の人の感覚とはちょっとずれているのかもしれないな。と…

クリストファー・ノーラン監督 「ダークナイト ライジング」

映画16.クリストファー・ノーラン監督 「ダークナイト ライジング」 (アメリカ・2012) 「バットマン」3部作、これにて完結。こうして通しで見ると、物語がきれいにつながっているのがよく分かる。 核の平和利用はありうるのか? というテーマを見せて…

「セブン・イヤーズ・イン・チベット チベットの七年」 ハインリヒ・ハラー

読書2.「セブン・イヤーズ・イン・チベット チベットの七年」 ハインリヒ・ハラー 角川文庫ソフィア 非常に読み応えのあるいい本でした。ヒマラヤ登頂のためにインドに渡った登山家が、戦争が始まったために帰れなくなり、抑留されて、自由を得るために脱走…

「アトム ザ・ビギニング」第5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック5.「アトム ザ・ビギニング」第5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 順調に面白い。ロボコンにあえてユウランが出場するというのは、もとの「鉄腕アトム」にもあったエピソー…

「クジラの子らは砂上に歌う」第1、2巻 梅田阿比

コミック3.「クジラの子らは砂上に歌う」第1巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック4.「クジラの子らは砂上に歌う」第2巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 砂の海に浮かぶ泥クジラ。クジラの上での生活が、僕達の世界の全てだった。という…

「ヤング ブラック・ジャック」第4話

第4話「ベトナムにて その1」 順調に面白い。ベトナム戦争を描かせると、高橋良輔班の本領発揮という感じがする。戦場カメラマンネタが好きだったみたいだし。 あえて危険な地に飛ぶ間くんだけど、そんなに藪先生が好きなのか~ってあたり、なぜそんなに?…

「ヤング ブラック・ジャック」第3話

第3話「脱走」 今回も、物語としては悪くなかった。あいかわらず、岡本先輩がなんかやだなあ。という感じがするが、こういうキャラだから仕方がない。 ひどいと思ったのは、とりあえず、第1話だけだったか。その分、第1話との間に矛盾が出ちゃって、医学…

「ヤング ブラック・ジャック」第2話

第2話「拉致」 第1話だけで切っちゃうのは、もったいないから、とりあえず、第2話も見てみたけど、今度は面白かった。変なふうなギャグも入らないし、緊張感のあるストーリー展開が非常に良い。岡本先輩がいないだけで、随分雰囲気が違う。やっぱ、この世…

ガース・ジェニングス監督 「SING シング」

映画15.ガース・ジェニング監督 「SING シング」 (アメリカ・2016) 字幕版を視聴。これは素晴らしかった! 感動しました。いい映画だったと思います。 物語自体は、つぶれかけた劇場を再建できるか? というオーソドックスなものなんだけれど。シンプ…

「ヤング ブラック・ジャック」第1話

第1話「医者はどこだ!」 原作コミックスは、出ているだけ全部既読。(現時点で11巻まで)。 アニメ版が話題になった時に購入した割に、アニメ版は見ていなかったので、初めて視聴してみたけど。正直、これは、うーん・・・という感じで。 原作の良さが生…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第24話

第24話「さらば逆転 Last Trial」 最終回。弁護士と検事の役割は何か? という話を、真実を突き止めることだ。として、きれいにまとめたところが良かった。どっちが勝っても、勝てばいいというものでもないという話で、そこに冥を絡ませるところも良かった…

白石晃士監督 「貞子VS伽椰子」

映画14.白石晃士監督 「貞子VS伽椰子」 (日本・2016) この手のホラー映画は、夫の趣味に付き合っているから、「呪怨」も「リング」もひと通り見てます。(全部じゃないけど)。 貞子の呪いに対抗するには、同じくらい強力な呪力を持つ伽椰子にぶつけ…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第23話

第23話「さらば逆転 3rd Trial」 気のせいか、前回辺りから妙に演出に気合が入ってきたというか。 今回は、ミッちゃんがなるほどくんに紅茶を淹れるシーンがあって、ミツルギ検事の部屋で、二人きりで、「それを教えてくれたのは君だ」とかなんとか、あや…