星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「鹿の王」第3巻 上橋菜穂子

読書5.「鹿の王」第3巻 上橋菜穂子 角川文庫 病気との戦いの物語だと思っていたが、もっとマクロな視点で、病気を人為的に起こさせるように働く、後ろ側で糸を引くものが存在し、故郷を追われた人間たちのそれぞれの想いがつづられていく。国が侵略され、今…

「弱虫ペダル GRANDE ROAD」第7話

第7話「迫る、集団」 集団になればなるほど、全体の速度が上がるという理屈は、わかったようなわからないような? それだったら、集団でまた追いかければ、先頭までいけるんじゃない? と思うのは、浅はかなのだろうか??

「弱虫ペダル GRANDE ROAD」第5、6話

第5話「薬局までの3km」 第6話「モってる男」 ネットフリックスを継続するかどうかで、ぎりぎりまで迷っていたんだけど、結局、継続することにしました。3日目のレースもどうなるか知りたいし、変な広島弁の新キャラも出てきたし。広島呉南の面々は、御…

「鹿の王」第2巻 上橋菜穂子

読書4.「鹿の王」第2巻 上橋菜穂子 角川文庫 「命あるものはみな、いずれ死にまする。大切なのは、与えられた命をいかに生きるかであって、長短ではござりませぬ」 このセリフを見た時に、手塚治虫の「ブッダ」や「火の鳥」「ブラックジャック」を思い出し…

「弱虫ペダル GRANDE ROAD」第4話

第4話「覚悟」 ネットフリックスの視聴期限が、3月31日ということで、継続するかやめるかで迷っている。この作品が、区切りのいいところまで来たら、やめようかな? という気分に傾いているんだけど、なかなか区切りのいいところが来ない。 2日目のレー…

「弱虫ペダル GRANDE ROAD」第3話

第3話「翔」 いきなり御堂筋くんの過去話が始まってびっくりした。彼にも少年時代があったのか。しかも、なんかかわいいので、二度びっくり。実は人気があるのか? 御堂筋くん。 人気があるので、前に今泉くんを脅した「お母さんが死んだ」話を、覆したかっ…

「弱虫ペダル GRANDE ROAD」第1、2話

第1話「フェイズ49」 第2話「エースたち」 この期に及んで、まだ決着がつかない。2日目ゴール前の決戦があまりに盛り上がっているので、目が離せないというか、誰がトップゴールするのかが気になって仕方がない。また3人同着ゴールはあり得ないと思う…

「弱虫ペダル」第38話

第38話「総北の魂」 仮にも最終回なんだし、それっぽいサブタイトルもついていることだし、2日目ゴールの決着ぐらいはつくのかと思っていた。ら、思いっきり、次回に続く! で、終わったので、びっくりした。いや、2期をやることは、前回で予告されてい…

「鹿の王」第1巻 上橋菜穂子

読書3.「鹿の王」第1巻 上橋菜穂子 角川文庫 疫病の蔓延した世界、が舞台と聞いていたので、このタイミングで読んでみる気になった。第1巻では、まだ病気が冒頭にしか出てこないので、状況説明と登場人物の紹介という感じだけど、さすが上橋先生の世界観の…

「弱虫ペダル」第37話

第37話「王者交代」 崩れかけていた箱学が、盛り返して、追いつくまで。泉田くんが、新開さんに懐いているのがよく分かった。こういうのも、カップリングを狙っている形なのかな? 総北の出番はなかったけど、次の最終回で盛り返してくることを期待。京都…

「弱虫ペダル」第36話

第36話「最強最速」 あと2話しかないことを思うと、第1期では、まだインターハイは終わらないんだなあ。と思った。結果が気になるなら、やっぱり、続けてみていくしかないかな? と、検討中。 小野田くんたちが追いついたことによって、総北は6人全員そ…

「クジラの子らは砂上に歌う」第16巻 梅田阿比

コミック5.「クジラの子らは砂上に歌う」第16巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス あっという間に、前の展開を忘れちゃって、ええと? どうなっているんだっけ? 状態。なんか、あの手この手で、いろんな敵が出てくるなあ。と思った程度。

「弱虫ペダル」第34、35話

第34話「新開隼人」 第35話「勝利する男」 なんかこう、キャラクターを立てるには、クセと弱点を作りましょう。とでも、言われているようで、その見本のようなキャラだなあ。と思った。ドキュンってポーズがクセで、弱点はウサギちゃん。ですか? 道から…

「弱虫ペダル」第33話

第33話「ヒメなのだ」 サブタイトルを見た時から、嫌な感じはしていたが、本当にアニソンを歌いながら、みんなを追い越していくとか、やったんだ。正直、恥ずかしいからやめて。としか思わんが・・・。そういうのは、人の見ていないところで、こっそりとや…

「弱虫ペダル」第32話

第32話「希望の夜」 インターハイ初日終了。みんなでホテル(旅館?)に泊まって、一休み状態。芦ノ湖が初日のゴールだから、その辺のホテルだったとして、2日目のコースがよくわからなかった。箱根駅伝なら、そのまま折り返すんだけど、道の駅箱根の看板…

「弱虫ペダル」第31話

第31話「強者3人」 3人同着ゴールなんて、そんなのありでいいのか? という気がしたんだけど、これ、誰が勝ってもおかしくないから、作者も苦肉の策だったんだろうか? と思った。とはいえ、これが、次回からの伏線の可能性もあるし、どうなることか、続…

「弱虫ペダル」第30話

第30話「荒北と今泉」 鳴子くんや小野田くんの見せ場がすんだので、いよいよ今泉くんのターンね。と思った割に、荒北さん紹介編になっちゃったようで、そっちに見せ場を持っていかれた形。 ただ、そろそろ初日のゴールを目指しての争いになったから、これ…

「弱虫ペダル」第29話

第29話「山頂」 小野田くんがみんなに追いついたことによって、巻島さんと東堂さんの対決も無事、できたようで、二人の競い合う姿は、なかなか感動的でよかったです。これによって、巻島さんだけじゃなく、東堂さんからも感謝される小野田くん。いろいろ、…

「弱虫ペダル」第28話

第28話「100人の関所」 すげえ。本当に、3分で追いついたのか、小野田くん。いくらなんでも、才能ありすぎだろ? という感じがする。 関所・・・という使い方でいいのかどうかは知らないが、確かに、自転車がみんなでつまっていたら、追い越せないよね…

「弱虫ペダル」第27話

第27話「山神東堂」 東堂さんは、巻島さんに対して「まきちゃん」「まきちゃん」と妙になれなれしかったが、二人の出会いと今までの関係が語られる。ああ、なるほど。それなら、ここで勝負したかったよね。と、納得した。 自転車競技なんて、最終的にゴー…

「弱虫ペダル」第26話

第26話「空が見える」 赤いコーンが倒れてきたとき、それをピンチととらえるか、チャンスととらえるかで、勝敗を分けたという説明は、納得がいったが、なかなかそれができないから、難しいね。 小田原で、先頭に立つはずが、最下位にまで落ちた小野田くん…

「弱虫ペダル」第25話

第25話「負け」 泉田君のキャラが強烈すぎて、まさかこの子に勝てるとは思わなかったというか、どうあがいても無理だろ?? という感じがしていたんだけど、ちゃんと勝ったね。そこら辺の最後の盛り上がりが、いかにも少年漫画というか、この作品、ちゃん…

「弱虫ペダル」第24話

第24話「震える泉田」 泉田君は、自分の胸筋に名前を付けているみたいだけど、アンディとフランクという名前に元ネタはあるのでしょうか? 次回のサブタイトルが、「負け」なので、たぶん、総北の二人は、勝てなかったんだろうと推測はできる。序盤から、…

春の新番組チェック予定。

03/21(土)17:35 「ヒックとドラゴン 受け継ぐ者たち」:NHK Eテレ 04/06(月)22:50 「銀河英雄伝説 Die neue these」:NHK Eテレ 04/06(月)25:30 「フルーツバスケット 2nd season」:テレビ東京 あくまで録画用のメモです。視聴の予定はまた別で、現時…

クリス・サンダース監督 「野性の呼び声」

映画3.クリス・サンダース監督 「野性の呼び声」(2020・アメリカ) 109シネマズ湘南にて、字幕版を視聴。原作小説は、タイトルは知っていたけど、未読だと思う。 正直、全然面白くなかった。そもそも、犬がかわいくない。こんなはた迷惑な駄犬にどう…

「弱虫ペダル」第23話

第23話「トップスプリンター!!」 いよいよ、インターハイスタート。江の島を出てしばらく、最初のうちは、サービスタイムなんだって、初めて知った。国道134号線は、何度も車で走ったことがあるので、スタート地点の歩道橋もなんだか見覚えがあるよう…

「キノの旅−the Beautiful World−」第13巻 時雨沢恵一

読書2.「キノの旅−the Beautiful World−」第13巻 時雨沢恵一 電撃文庫 10年ぶりに「キノの旅」を読む気になって、続きから読んでみたものの、毒気が強すぎて、なんだか後味が悪い作品ばかりで、あんまりおもしろいと思えなかった。

「風光る」第44巻 渡辺多恵子

コミック4.「風光る」第44巻 渡辺多恵子 小学館フラワーズコミックス いよいよ、物語も流山まで来たし、近藤勇は死んで、沖田総司も死んだ・・・のかな? しかし、まだ次の話数があるということで、次の「フラワーズ」で100ページ追加しても、コミック…

ピエール・コフィン、カイル・バルダ監督 「ミニオンズ」

映画2.ピエール・コフィン、カイル・バルダ監督 「ミニオンズ」(2015・アメリカ) 2D字幕版を、アマプラの配信で、うちのテレビで視聴。面白かったです。ミニオンたちは、太古の昔から地球にいたと、その歴史が延々と語られて、最後にグルーのところ…

「王妃マルゴ」第8巻 萩尾望都

コミック3.「王妃マルゴ」第8巻 萩尾望都 集英社愛蔵版コミックス これにて、完結。まさか、この長々と続いた物語が、いきなり終了するとは思わなかったけど、一応、ちゃんと終わったみたいで。 今までの巻で一番読みやすかったような気がしたが、やはり、…