星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「バッテリー」第8話

第8話「終わりの秋」 瑞垣さんが巧のことを「姫さん」と呼んでいたり、初体験がどうのとやらしいセリフばかり言っていたのは覚えていたが、それって全部、門脇さんへのあてつけで言っていたのか・・・というのが、今になってわかった。原作を読んだときより…

「バッテリー」第7話

第7話「対決の時」 いよいよ、瑞垣さん、登場。ああ、こんなキャラだったなあ。と、セリフの感じが懐かしい。 原作を読んだときには、豪が巧の球が取れないと悩んでいる気持ちがよくわからなかったんだけれど、アニメだとスムーズに伝わるね。投手の球が強…

「バッテリー」第6話

第6話「強豪校への兆戦」 誰かが誰かに従っている。何をするにも、誰かの許可が必要で、決して自分の自由にはならない。それは、監督である戸村先生だって同じで、練習試合を組むこと一つに、校長先生へ頭を下げて、頼む姿が描かれる。 まあ、この場合は、…

「バッテリー」第5話

第5話「密室の出来事」 とうとう先輩に捕まって、リンチを受ける巧くんという話。野球部にあるまじき行為だなあ。と思っていたが、結局、活動停止処分か。オチを語ってしまえば、それでも練習を続ける少年たちってところが、この話のポイントなんだろうなあ…

「バッテリー」第4話

第4話「グラウンドに立つ」 だれの言うことも聞かない。だれの言いなりにもならない。親の言うことも、先生の言うことも、監督の言うことも、風紀委員の言うことも。自分で納得できなきゃ、絶対に従ったりはしない。それが巧の魅力というか、かっこよさなん…

「梅田阿比短編集 裸足で、空を掴むように」 梅田阿比

コミック35.「梅田阿比短編集 裸足で、空を掴むように」 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 「クジラの子」作者の初期短編集。デビュー作の頃は、やっぱり、作風が違うなあ。と感じましたが。できれば、表題作や「クジラ」の雰囲気を残した異世界ファンタ…

「クジラの子らは砂上に歌う」第10巻 梅田阿比

コミック34.「クジラの子らは砂上に歌う」第10巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス この段階で、物語はまだまだ続くって感じなのに、アニメ版は一体、どのあたりまでやる気だろう? と、放映前から妙な心配をしてますが・・・。 土壇場で、ロハリトを…

「週末ちょっとディープなタイ旅」 下川裕治

読書16.「週末ちょっとディープなタイ旅」 下川裕治 朝日文庫 タイ旅とあるけど、ラストの方ではラオスについても解説があった。いつもながら、それぞれの国の状況を丁寧に説明してくれて、勉強になります。 今回の本では、タイの乗り物として、あまり日本人…

「バッテリー」第3話

第3話「いさかい」 巧、学校へ行くの巻。原作だと文章だけだったけど、アニメだと絵があるので、巧や豪の通っている学校ってこんな感じなんだ、へ~って感心してみていた。たぶん、モデルとなった学校は本当にあるんだろうけど。 風紀委員の注意もなんだか…

「バッテリー」第2話

第2話「池のほとり」 2話も順調。大満足。この作品は、ちゃんと原作を意識しているわ。ちゃんとわかっているわ。という感じがする。 豪と巧と青羽の関係。それぞれの母親との関係。きちんと描いていると思う。あと、OPの意味。「いつかの自分」。 本人の…

「バッテリー」第1話

第1話「出会いの日」 原作小説はもちろん、既読。好きでした。ただ、ドラマ版は見てません。 ようやくアニメ版も見てみたけど、少なくとも、第1話を見る限り、大満足♪ ちゃんと原作の風味を残して、きちんとアニメ化している印象。キャラが、ちゃんとその…

「ユーリ!!! on ICE」最終滑走

最終滑走「超超超がんばらんば!!! グランプリファイナルFS」 最終回。勇利が金メダルを取って、それでめでたく終わるのかと思いきや、そんな単純でもなかったことを評価する。ラストを締めたのが、ユリオというあたり、まだまだ物語は続く、彼等の戦いも…

「ユーリ!!! on ICE」第11滑走

第11滑走「超超がんばらんば!! グランプリファイナルSP」 物語自体には、そんなに新しい展開もなく。ただ、淡々と、6人のスケーターの演技を楽しんだ感じ。6人6様のスケーティングシーンが、非常に美しくて、見ごたえがありました。個人的には、ピチ…

秋の新番組チェック予定。

10/06(金)24:30 「キノの旅-the Beautiful World-the Animated Series」:BS11 10/08(日)24:30 「クジラの子らは砂上に歌う」:BS11 10/14(土)23:00 「3月のライオン」:NHK総合テレビ http://m-p.sakura.ne.jp/Html/anime.html あくまで…

伊藤尚住監督 「きみの声をとどけたい」

映画35.伊藤尚住監督 「きみの声をとどけたい」 (日本・2017) 非常にきれいにまとまった感動ストーリーだったが、あまりにきれいすぎて、何かの宗教の勧誘映画でも見ているような気分になってきた。 もともと、女の子ばかりがメインの物語はあんまり好…

「ユーリ!!! on ICE」第9、10滑走

第9滑走「勇利VSユーリ おそロシア!! ロシア大会FS」 第10滑走「超がんばらんば! グランプリファイナル直前スペシャル」 ロシア大会の見どころは、各選手のスケートシーンだなあ。と思ってみていたけれど、グランプリファイナル直前スペシャルは、ス…

「坂の上の雲」第2巻 司馬遼太郎

読書15.「坂の上の雲」第2巻 司馬遼太郎 文春文庫 日清戦争、米西戦争などの解説があった。どちらもそんなに詳しくない歴史なので、興味深く読ませてもらいました。「どういう家来がいくさに強いか?」という質問に対して、「戦場でほんとうに必要なのは、…

「ユーリ!!! on ICE」第8滑走

第8滑走「勇利VSユーリ おそロシア!! ロシア大会SP」 新しい選手の登場で、キャラクターがどんどん増えてきた。覚えきれない。 見どころは、フィギュアスケートのシーンで、各選手の演技を楽しませてもらっている感じ。 物語としては、勇利とヴィクトルが…

新房昭之監督 「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

映画34.新房昭之監督 「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」 (日本・2017) 正直、見に行く前は、そんなに期待してなかったんだけれど、見てみたら、意外なほど、良かったです。こういう物語は結構好きかな。 少年の見る、ひと夏の夢という…

「ユーリ!!! on ICE」第7滑走

第7滑走「開幕グランプリシリーズ やっチャイナ!! 中国大会FS」 いろいろ日常が落ち着いたので、久しぶりに視聴再開。 緊張で壊れかかっている有利を、いっそ壊してしまうかと考えたヴィクトル。誰もいない駐車場で、有利が、泣きながら怒って、叫んだあ…

トム・ムーア監督 「ブレンダンとケルズの秘密」

映画33.トム・ムーア監督 「ブレンダンとケルズの秘密」 (フランス、ベルギー、アイルランド・2009) 吹替版を見ました。 非常にきれいなアニメーションで、美しい映像、美しい音楽で良かったんだけれど、いかんせん、途中で眠くなってきちゃって困った…

「銀の匙 Silver Spoon」第14巻 荒川弘

コミック33.「銀の匙 Silver Spoon」第14巻 荒川弘 小学館少年サンデーコミックス 久しぶりの新刊だから、買って読んだけれど、あまりに久しぶりすぎて、どのキャラがどんなキャラだったのか、すっかり忘れているし、それぞれがどんな立場に置かれていたか…

エリック・ワナー、エリック・ワリン監督 「フェリシーと夢のトウシューズ」

映画32.エリック・ワナー、エリック・ワリン監督 「フェリシーと夢のトウシューズ」 (フランス、カナダ・2016) 吹替版を見てきました。予告を見た限り、女の子がバレリーナを目指して頑張る話だと思ったし、それはそうなんだけれど、彼女には一緒の孤…

「ユーリ!!! on ICE」第6滑走

第6滑走「開幕グランプリシリーズ やっチャイナ!! 中国大会SP」 新キャラのスケート選手がいきなり大量に出てきた。世界各国の選手が、みんな友達というのがなんだかすごいな。スポーツ選手の世界って、そういうものなのか? スケートシーンが大量に見…

「ユーリ!!! on ICE」第5滑走

第5滑走「顔真っ赤!! 初戦だヨ! 中四国九州選手権大会」 有利に憧れている少年、南くん、登場。お互いに頑張れって、励まし合うところが良かった。

「ユーリ!!! on ICE」第4滑走

第4滑走「自分を好きになって・・・完成!! フリープログラム」 2人で一緒に温泉に入り、色んな所を隠してあるのは、もはやお約束なのか。様式美というか。 有利とヴィクトルのイチャイチャは相変わらずだが、ロシアに帰ったユリオにもちゃんと出番がある…

「ユーリ!!! on ICE」第3滑走

第3滑走「僕がエロスでエロスが僕で!? 対決! 温泉 on ICE」 狙い過ぎも何も、思いっきり狙った作品だったか。3話目にして、結構露骨な感じで、BLモードが迫ってきた感じ。とはいえ、それをぎりぎり笑って許せるのは、全部ギャグですよ~って感じに、…

「蝿の王」 ウィリアム・ゴールディング

読書14.「蝿の王」 ウィリアム・ゴールディング 新潮文庫 ジャックはリーダーになりたかった。うまくやれる自信も持ってた。なのに、みんなが選挙で選んだのはラーフだった。それが気に食わない。なんで、あんな奴が・・・。 一方で、ラーフは、あんまり深く…

「ユーリ!!! on ICE」第2滑走

第2滑走「2人のユーリ!? ゆ~とぴあの乱」 有利がせっせとトレーニング兼ダイエットをやっていて、その姿が胸に突き刺さる。ああ、私も少しはやらなきゃなあ。という気分になるというか。体を動かさないと、ダメになるよね。的な反省を感じる。 正直、ヴ…

「ユーリ!!! on ICE」第1滑走

第1滑走「なんのピロシキ!! 涙のグランプリファイナル」 少し前の話題作だけれど、アマゾンプライムビデオにあったので、試しに見てみることにしました。 で、さすがに話題になるだけのことはあるなあ。と、 ラストの温泉は、「エヴァ」を意識したのか、…