読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「ヤング ブラック・ジャック」第11話

第11話「無残帳 その3」 ありとあらゆる二次創作に対して、「ここまではやっていいけど、ここから先は嫌だ」という許容範囲というものがあって、その線引がどこになるかは人によって違うというか、性格にもよるし、元の作品への思い入れによっても違うん…

ガース・ジェニング監督 「SING シング」

映画20.ガース・ジェニング監督 「SING シング」 (アメリカ・2016) お義母さんにWOWOWを勧めて、加入させたら、「ズートピア」を見て気に入ったそうで、そういう動物が出てくるアニメの映画を見たいと言い出したので、「SING」の話をして、一…

「ヤング ブラック・ジャック」第10話

第10話「無残帳 その2」 「アニメ版は、原作よりはマイルドに描かれていたよ」と夫が言っていたので、ストーリーに変更でもあるのだろうか? と思っていたけど、やっぱり、アニメで見ても、ひどい話だったね、この話は。それとも、オチの部分に変更がある…

「クジラの子らは砂上に歌う」第5、6巻 梅田阿比

コミック10.「クジラの子らは砂上に歌う」第5巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック11.「クジラの子らは砂上に歌う」第6巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 泥クジラの秘密がどんどん明らかになっていき、世界も広がりを見せている。外の…

ジョス・ウェドン監督 「アベンジャーズ」

映画19.ジョス・ウェドン監督 「アベンジャーズ」 (アメリカ・2012) キャプテン・アメリカ、超人ハルク、アイアンマン、マイティー・ソーが勢揃いして、ロキと戦う物語。あんまり詳しくはないけど、スナイパーのお兄さんもホーク・アイという名前だし…

「ヤング ブラック・ジャック」第12巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご

コミック9.「ヤング ブラック・ジャック」第12巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご 秋田書店ヤングチャンピオンコミックス 物語がそろそろまとめに入ってきたのか? 間くんも医師免許を取れたみたいだし、ここから先は、その医師免許を取り…

「翔ぶが如く」第10巻 司馬遼太郎

読書4.「翔ぶが如く」第10巻 司馬遼太郎 文春文庫 全10巻、読了。一昨年の11月から読み始めたから、1年半近くもかけてせっせと読んでいたけど、ようやく読み終わりました。時間がかかったけど、読み終えて満足。長かった西南戦争がようやく終結したし…

「ヤング ブラック・ジャック」第8、9話

第8話「苦痛なき革命 その2」 第9話「無残帳 その1」 こうして通しで見ていくと、物語がちゃんとつながっているのがよく分かる。無痛症の彼の物語は、ドクター・キリコの出て来るベトナムの話とつながるし、無残帳の百樹先生の物語は、第1話の手足の千…

「クジラの子らは砂上に歌う」第3、4巻 梅田阿比

コミック7.「クジラの子らは砂上に歌う」第3巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック8.「クジラの子らは砂上に歌う」第4巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 順序として逆なのはわかっているんだけれど、なんだかアニメを見る前にネタバレを…

「一瞬と永遠と」 萩尾望都

読書3.「一瞬と永遠と」 萩尾望都 朝日文庫 萩尾先生の文章は、エッセイですら、リズミカルで美しく、物語的だなあ。と思った。

「ヤング ブラック・ジャック」第7話

第7話「苦痛なき革命 その1」 原作は読んでいるはずなんだけれど、物語の展開はすっかり忘れていて、この男性キャラが無痛症なのは覚えていたんだけれど、結局、なんでそうなったんだっけ? そして、どうなったんだっけ? という部分はすっかり忘れていて…

ジョン・ファヴロー監督 「アイアンマン2」

映画18.ジョン・ファヴロー監督 「アイアンマン2」 (アメリカ・2010) ノーラン版の「バットマン」3部作を見終えたので、久しぶりに「アベンジャーズ」の方に戻ってきました。トニー・スタークの明るい軽いノリが懐かしい。ある意味、「バットマン」…

「ヤング ブラック・ジャック」第6話

第6話「ベトナムにて その3」 ベトナム編、完結。きれいに終わったし、いい話だったと思う。 そういえば、私は原作を読んだときでさえ、この彼がドクター・キリコだって、最初から知っていたわけなんだけれど、物語的には、オチの部分で初めて明かされると…

湯浅政明監督 「夜は短し歩けよ乙女」

映画17.湯浅政明監督 「夜は短し歩けよ乙女」 (日本・2017) 原作小説は未読。湯浅監督の「四畳半神話大系」のアニメ版だけ視聴済み。 予告を見た限り、女性に告白もできない気弱な男の子が、彼女のために頑張る話なのかな? などと思っていたが、見て…

「ヤング ブラック・ジャック」第5話

第5話「ベトナムにて その2」 ドクター・キリコ、初登場。やっぱ、かっこいいわ~。とてもキリコには見えないわ。医者としての使命感に燃えている戦場の軍医って設定が実に美味しい。 アニメを見て、改めて気づいたこととしては、BJ先生がキリコからその…

「海街diary」第8巻 恋と巡礼 吉田秋生

コミック6.「海街diary」第8巻 恋と巡礼 吉田秋生 小学館fsコミックス 結婚祝いに鮭ととうもろこしを送ってきたら、それって、そんなに悪いことなんだろうか? と、ちょっと考えてしまった私も、普通の人の感覚とはちょっとずれているのかもしれないな。と…

クリストファー・ノーラン監督 「ダークナイト ライジング」

映画16.クリストファー・ノーラン監督 「ダークナイト ライジング」 (アメリカ・2012) 「バットマン」3部作、これにて完結。こうして通しで見ると、物語がきれいにつながっているのがよく分かる。 核の平和利用はありうるのか? というテーマを見せて…

「セブン・イヤーズ・イン・チベット チベットの七年」 ハインリヒ・ハラー

読書2.「セブン・イヤーズ・イン・チベット チベットの七年」 ハインリヒ・ハラー 角川文庫ソフィア 非常に読み応えのあるいい本でした。ヒマラヤ登頂のためにインドに渡った登山家が、戦争が始まったために帰れなくなり、抑留されて、自由を得るために脱走…

「アトム ザ・ビギニング」第5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック5.「アトム ザ・ビギニング」第5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 順調に面白い。ロボコンにあえてユウランが出場するというのは、もとの「鉄腕アトム」にもあったエピソー…

「クジラの子らは砂上に歌う」第1、2巻 梅田阿比

コミック3.「クジラの子らは砂上に歌う」第1巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック4.「クジラの子らは砂上に歌う」第2巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 砂の海に浮かぶ泥クジラ。クジラの上での生活が、僕達の世界の全てだった。という…

「ヤング ブラック・ジャック」第4話

第4話「ベトナムにて その1」 順調に面白い。ベトナム戦争を描かせると、高橋良輔班の本領発揮という感じがする。戦場カメラマンネタが好きだったみたいだし。 あえて危険な地に飛ぶ間くんだけど、そんなに藪先生が好きなのか~ってあたり、なぜそんなに?…

「ヤング ブラック・ジャック」第3話

第3話「脱走」 今回も、物語としては悪くなかった。あいかわらず、岡本先輩がなんかやだなあ。という感じがするが、こういうキャラだから仕方がない。 ひどいと思ったのは、とりあえず、第1話だけだったか。その分、第1話との間に矛盾が出ちゃって、医学…

「ヤング ブラック・ジャック」第2話

第2話「拉致」 第1話だけで切っちゃうのは、もったいないから、とりあえず、第2話も見てみたけど、今度は面白かった。変なふうなギャグも入らないし、緊張感のあるストーリー展開が非常に良い。岡本先輩がいないだけで、随分雰囲気が違う。やっぱ、この世…

ガース・ジェニングス監督 「SING シング」

映画15.ガース・ジェニング監督 「SING シング」 (アメリカ・2016) 字幕版を視聴。これは素晴らしかった! 感動しました。いい映画だったと思います。 物語自体は、つぶれかけた劇場を再建できるか? というオーソドックスなものなんだけれど。シンプ…

「ヤング ブラック・ジャック」第1話

第1話「医者はどこだ!」 原作コミックスは、出ているだけ全部既読。(現時点で11巻まで)。 アニメ版が話題になった時に購入した割に、アニメ版は見ていなかったので、初めて視聴してみたけど。正直、これは、うーん・・・という感じで。 原作の良さが生…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第24話

第24話「さらば逆転 Last Trial」 最終回。弁護士と検事の役割は何か? という話を、真実を突き止めることだ。として、きれいにまとめたところが良かった。どっちが勝っても、勝てばいいというものでもないという話で、そこに冥を絡ませるところも良かった…

白石晃士監督 「貞子VS伽椰子」

映画14.白石晃士監督 「貞子VS伽椰子」 (日本・2016) この手のホラー映画は、夫の趣味に付き合っているから、「呪怨」も「リング」もひと通り見てます。(全部じゃないけど)。 貞子の呪いに対抗するには、同じくらい強力な呪力を持つ伽椰子にぶつけ…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第23話

第23話「さらば逆転 3rd Trial」 気のせいか、前回辺りから妙に演出に気合が入ってきたというか。 今回は、ミッちゃんがなるほどくんに紅茶を淹れるシーンがあって、ミツルギ検事の部屋で、二人きりで、「それを教えてくれたのは君だ」とかなんとか、あや…

神山健治監督 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」

映画13.神山健治監督 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」 (日本・2017) 事前に悪い評判ばかり入ってくるし、「神山健治版の「星を追う子ども」だ」という評価も聞いていたので、そんなにひどいのかと思って、覚悟を決めて見に行ったんだけれど、実…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第22話

第22話「さらば逆転 2nd Trial」 なんとなくだが、今までの中で一番良かったと思う。物語の流れに不自然さがなくて、スムーズに見れる。ドラマの作り方がこなれてきた感じ。こんなラスト間際になって、今更・・・とも思うけど、ゲーム原作を自然な感じに見…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第21話

第21話「さらば逆転 1st Trial」 新たな殺人事件、発生。原作ゲームはプレイ済みなので、キャラや事件の流れには見覚えがあるものの、ストーリーや犯人は全然覚えてなかった。ええと? 結局、これって、誰が犯人だったっけ? ぐらいなもの。 あの男、ミツ…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第20話

第20話「逆転サーカス Last Trial」 完結編。私はゲームをやっているとき、ミリカが犯人だとずっと疑っていて、そうじゃなかったという結論が出てきたときに、「ありゃ、疑って悪かったね、ミリカちゃん」という気持ちになったんだけれど、こうして、事件…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第19話

第19話「逆転サーカス 2nd Trial」 アクロさんが犯人なのは覚えていたが、動機の部分、どういう事故があったのかは忘れていた。これでまだ生きている弟、すごいな、と思うが。ライオンの前に頭を突き出すのはやめたほうがいいよね。 結局、バットの事故を…

「翔ぶが如く」第9巻 司馬遼太郎

読書1.「翔ぶが如く」第9巻 司馬遼太郎 文春文庫 去年の11月から読み始めたにも関わらず、読書意欲がわかなくて、ちっとも読み進まず、3月になってから、もう一度最初から読み直して、ようやく読み終わった。記録的に、時間かかったわ。 物語自体がつま…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第17、18話

第17話「再会、そして逆転 Last Trial」 第18話「逆転サーカス 1st Trial」 霊媒殺人。車が左ハンドルだというネタは覚えていたけど、この場合は、語るに落ちたという形で追い詰めただけなんだなあ。ゆさぶるのは、ゲームの基本ですが。 逆転サーカス。…

ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー監督 「モアナと伝説の海」

映画12.ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー監督 「モアナと伝説の海」 (アメリカ・2016) 2D・字幕版を視聴しました。やっぱり、この手の映画は英語で見たいし、調べたら、川崎チネチッタなら字幕版を上映しているということで、久しぶりに電車を乗…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第16話

第16話「再会、そして逆転 3rd Trial」 供子さまのツボは、正しい形に作り直せとか、ゲームではやったような気がするんだけど、アニメだとそんなことはしてられないから、春美ちゃんの告白だけでさらっとスルーしたなあ。 いかにも怪しい女性と、いかにも…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第15話

第15話「再会、そして逆転 2nd Trial」 慣れてくれば、意外と楽しいのかもしれない。この作品。いや、もちろん、私がもともと、原作の無茶設定にいろいろ慣れているからですけど。 狩魔冥が、本格的に登場してきて、ムチでビシバシ攻撃してくるし、やり取…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!~」第14話

第14話「再会、そして逆転 1st Trial」 9ヶ月ぶりに視聴再開。13話まではリアルタイムで見ていたんだけれど、さすがに途中で耐えられなくなったし、いったん、視聴を停止した。とは言え、こういう宿題は残しておくと未練になるので、残り、1クールだし…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第39話

第39話「さよなら杜王町 黄金の心」 バイツァダストについて、先日の疑問を夫にぶつけて、「なんで時間が来ても、今度は爆発しないの?」と聞いたところ、「お前は何もわかってない」と言われて、バイツァダストの発動の仕組みについて、長々と解説された…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第37、38話

第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」 バイツァダストの効果の矛盾に気づいたんだけれど、一度壊れたものは、必ず、壊れるんだよね。時間を巻き戻しても無駄だから、…

クリストファー・ノーラン監督 「ダークナイト」

映画11.クリストファー・ノーラン監督 「ダークナイト」 (アメリカ・2008) とにかく、ジョーカーがすごかった。ピエロの扮装で神出鬼没に現れる狂気のキャラ。メイクの凄さと役者さんの演技も相まって、ものすごい存在感を出している。 ゴッサム・シテ…

春の新番組チェック予定。

04/02(日)25:00 「進撃の巨人 season2」:BS11 04/07(金)23:30 「サクラダリセット」:BS11 04/07(金)26:25 「ベルセルク 次篇」:TBS 04/15(土)23:00 「アトム ザ・ビギニング」:NHK総合テレビ http://m-p.sakura.ne.jp/Html/anime.…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第36話

第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」 そして、7月16日が繰り返される。7月15日のネタを長いこと続けていたと思っていたら、そのまま、7月16日のネタに突入したわけで、原作通りなのかはよく覚えてないが、そういう日付システムを使う…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第35話

第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」 7月15日は、まだ続いていたのか~。 吉良吉影が追い詰められ、物語が行き詰まったから、矢の力で新しい能力を手に入れました。という感じに見えるので、これって、ジャンプ流のご都合主義なんじゃない…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第34話

第34話「7月15日(木) その4」 露伴先生に同情の余地はない。と、前回は思ったものの、それでも、あれだけ一生懸命背中を隠しながら進まなきゃいけない露伴先生の姿を見ていたら、さすがに気の毒になってきた。康一くんにまで見捨てられて、ショック…

ピエール・コフィン、クリス・ルノー監督 「怪盗グルーの月泥棒」

映画10.ピエール・コフィン、クリス・ルノー監督 「怪盗グルーの月泥棒」 (アメリカ・2010) ミニオンズについて調べたら、どうやらこの作品が1作めらしいので、試しに見てみた。さすがに評判になるだけあって、面白かった。 基本的にはファミリー層向…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第33話

第33話「7月15日(木) その3」 「背中を見られたくない」と言っていた当人の意思を無視して、好奇心から覗いて、相手を死なせたのなら、悪いのは露伴先生だと思う。この場合は、露伴先生の自業自得なので、敵スタンドに取り憑かれたとしても、あんま…

クリストファー・ノーラン監督 「バットマン・ビギンズ」

映画9.クリストファー・ノーラン監督 「バットマン・ビギンズ」 (アメリカ・2005) この作品も、タイトル名は知っていたけど、どんな話かは全然知らなかった。バットマンカーというのが有名だな? 程度の知識。 予備知識ゼロの状態で見たけど、今までせ…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第32話

第32話「7月15日(木) その2」 噴上裕也が、意外といい人なんでびっくりした。ちゃんと協力してくれるんだ? へ~。という感じで。とは言え、この世界では、戦ったあとの人たちは、みんなおとなしくなって、仲間になってくれるみたいだから便利だよね…