星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

アニメ

「有頂天家族2」第5話

第5話「続・大文字納涼船合戦」 前作のあの時から、1年が過ぎたということなのか。タヌキたちの大文字見物もますますパワーアップしたみたいで。この作品は、全体的にそうなんだけれど、前作よりも2になってからのほうが、ファンタジー度がまして、いろい…

「有頂天家族2」第4話

第4話「狸将棋大会」 偶然なのか、意図的に狙っているのか、最近は、将棋がブームだね。狸の世界でも将棋をやってる。金閣銀閣のせいですぐに壊れちゃったけど、タヌキたちが駒になる将棋は、もっと見ていたかったと思った。 矢一郎兄さんと玉瀾の恋物語。…

「有頂天家族2」第3話

第3話「欧羅巴の香り」 おかえりなさい、弁天さま! たびに出ていると言うので、もっとギリギリまで引っ張るのかと思ったけど、意外と早く戻ってきたな、という感じはする。しかし、この物語にはやっぱり弁天様は、必要不可欠な人物だと思う。 追い詰められ…

「有頂天家族2」第2話

第2話「幻術師 天満屋」 また新キャラが出てきた。謎の人物、天満屋さんは、これで一応人間なのか。この世界、何でもありだなあ。と思った瞬間。幻術のシーンはアニメとして面白かった。絵に描いたものが、次々に分裂して増えていくなど、現実にはありえな…

「有頂天家族2」第1話

第1話「二代目の帰朝」 夫がアマゾンプライムビデオを映るようにしてくれたので、我が家でも「有頂天家族2」が見れるようになりました。無料お試し期間1ヶ月の間に見てしまえ、とのことなので、しばらく最優先で追いかけてみます。 久しぶりの「有頂天家…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第18話

第18話「声」 クーデリアの存在は、いいように周りに利用されているんだなあ。というのは感じた。使えるコマとして、みんな彼女に近づいてくるのか。どういう風に盤面が動いていくのか、全体像はよく見えないんだけど。 なんだかクセのある新キャラが何人…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第16、17話

第16話「フミタン・アドモス」 第17話「クーデリアの決意」 好んで、革命の旗頭になりたがるクーデリアの気持は良くわからない。火星の人々が虐げられているのはなんとなくわかったつもりだったけど、コロニーの連中は、そんなに切羽詰まっているように…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第15話

第15話「足跡のゆくえ」 テイワズから運ぶように言われた積み荷に、武器弾薬が入っていて、それを依頼したのは、クーデリアの支援者であるノブリス・ゴルドン。ってことは、テイワズとノブリスもつるんでいると見ていいのかな? クーデリアはどこまでも利…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第13、14話

第13話「葬送」 第14話「希望を運ぶ船」 マサヒロを含む死者たちのお葬式をやる流れは、非常に良かった。宇宙で上げる花火もなかなか感動的。死者を悼む儀式は、生者のためにはやはり必要だと思うし、死んだらそれっきりだったファーストガンダムを思え…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第12話

第12話「暗礁」 デブリ地帯での戦いなど、もはやゲーム画面のマップにしか見えない。こういう場面があって、こう味方の陣を配置して、こういう敵と戦うのか~ってあたり、「スパロボ」の一場面でも見ているような気分になってくる。この作品では、最初から…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第10、11話

第10話「明日からの手紙」 第11話「ヒューマン・デブリ」 アキヒロに生き別れの弟がいて、名前がマサヒロとは・・・。敵味方に分かれて再会というあたり、なんか狙っているような感じもしたけど、この兄弟がどうなるのか気になるので、続きを待ちます。 …

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第9話

第9話「盃」 家族というのは、何も血縁のつながりだけを指すわけでもなく。一緒に同じ家で暮らすグループを指すんだと思えばいいかな。そういう意味では、鉄華団は家族だし、広い意味で、あの親父さんが広げているテイワズというグループもグループ全体が大…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第8話

第8話「寄り添うかたち」 自分の船をまるごと自分の家にしちゃっている名瀬さんは、やっぱり、自身も孤児だったのではないか? という感じはする。だから、子どもたちを大切にするし、鉄華団に対しても、その鉄華団をまとめるオルガに対しても、責任者とし…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第7話

第7話「いさなとり」 女ばかり大量に連れ込んでいる木星の兄ちゃんが、登場。こうも、女性兵士ばかりが強調されて描かれるのを見ると、なんとなく、「Vガンダム」でシュラク隊のお姉さま方が登場したときのことを思い出す。 ただ、この人が、木星へのつて…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第6話

第6話「彼等について」 地球が4つの経済圏に分かれていることと、火星にいる貧困層を救うために独立運動があるんだという説明が入った。なるほど。そのために、クーデリアは、地球に向かいたいし、文字の読み書きもできない子どもたちが、生きるために働か…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第5話

第5話「赤い空の向こう」 この状況で、そう簡単に善意で協力してくれる大人がいるとも思えなかったが、やっぱり、罠だったか。それを見越した上で、先に手を打っておいたオルガがさすが。視聴者まで騙したわけだけれど、そのためにトドという大人を用意して…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第4話

第4話「命の値段」 自分たちの力で、できるだけのことをする。と、少年たちは着々と仕事を進めているみたいで。むしろ、頭の固い大人の方が、彼らの妨げになっている構図。特にトドみたいなキャラが用意されていると、やっぱり、なんとなく高橋良輔作品っぽ…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第3話

第3話「散華」 三日月は、汚れ役担当という感じに見える。主人公に積極的に人殺しをさせる作品は、ガンダムでも珍しいような気もするが、戦場の兵士という部分を突き詰めていけば、そうなるよね。上官の命令に淡々と従う的な。この場合、三日月が従うのは、…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2話

第2話「バルバトス」 「命は大事だよ。自分の命も。みんなの命も」 三日月がなんのために戦うのか? という部分を、最低限のセリフと何気ない演出で伝えてきたのがいいな。と思った。彼は仲間を守りたいだけなのか。 そういう底辺に生きる少年たちの思いを…

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第1話

第1話「鉄と血と」 随分と地味な作風だなあ。と思った。戦場ものらしく、派手な色を抑えて、重く、暗くしてあるのかもしれないが、あんまり華はないよね。独立運動を扱っているせいか、なんとなく、「太陽の牙ダグラム」を思い出した。 使い捨てにされてい…

「ヤング ブラック・ジャック」第12話

第12話「狂騒の季節」 原作だとサファイアの恋は、片思いだったような気がしたけど、アニメだと両思いっぽく見えるので、そのほうがいいな。と思った。 学生運動については詳しくないが、昔の人達はやっぱり過激だな、と思う。本当に、仲間の少女にまでこ…

「ヤング ブラック・ジャック」第11話

第11話「無残帳 その3」 ありとあらゆる二次創作に対して、「ここまではやっていいけど、ここから先は嫌だ」という許容範囲というものがあって、その線引がどこになるかは人によって違うというか、性格にもよるし、元の作品への思い入れによっても違うん…

「ヤング ブラック・ジャック」第10話

第10話「無残帳 その2」 「アニメ版は、原作よりはマイルドに描かれていたよ」と夫が言っていたので、ストーリーに変更でもあるのだろうか? と思っていたけど、やっぱり、アニメで見ても、ひどい話だったね、この話は。それとも、オチの部分に変更がある…

「ヤング ブラック・ジャック」第8、9話

第8話「苦痛なき革命 その2」 第9話「無残帳 その1」 こうして通しで見ていくと、物語がちゃんとつながっているのがよく分かる。無痛症の彼の物語は、ドクター・キリコの出て来るベトナムの話とつながるし、無残帳の百樹先生の物語は、第1話の手足の千…

「ヤング ブラック・ジャック」第7話

第7話「苦痛なき革命 その1」 原作は読んでいるはずなんだけれど、物語の展開はすっかり忘れていて、この男性キャラが無痛症なのは覚えていたんだけれど、結局、なんでそうなったんだっけ? そして、どうなったんだっけ? という部分はすっかり忘れていて…

「ヤング ブラック・ジャック」第6話

第6話「ベトナムにて その3」 ベトナム編、完結。きれいに終わったし、いい話だったと思う。 そういえば、私は原作を読んだときでさえ、この彼がドクター・キリコだって、最初から知っていたわけなんだけれど、物語的には、オチの部分で初めて明かされると…

「ヤング ブラック・ジャック」第5話

第5話「ベトナムにて その2」 ドクター・キリコ、初登場。やっぱ、かっこいいわ~。とてもキリコには見えないわ。医者としての使命感に燃えている戦場の軍医って設定が実に美味しい。 アニメを見て、改めて気づいたこととしては、BJ先生がキリコからその…

「ヤング ブラック・ジャック」第4話

第4話「ベトナムにて その1」 順調に面白い。ベトナム戦争を描かせると、高橋良輔班の本領発揮という感じがする。戦場カメラマンネタが好きだったみたいだし。 あえて危険な地に飛ぶ間くんだけど、そんなに藪先生が好きなのか~ってあたり、なぜそんなに?…

「ヤング ブラック・ジャック」第3話

第3話「脱走」 今回も、物語としては悪くなかった。あいかわらず、岡本先輩がなんかやだなあ。という感じがするが、こういうキャラだから仕方がない。 ひどいと思ったのは、とりあえず、第1話だけだったか。その分、第1話との間に矛盾が出ちゃって、医学…

「ヤング ブラック・ジャック」第2話

第2話「拉致」 第1話だけで切っちゃうのは、もったいないから、とりあえず、第2話も見てみたけど、今度は面白かった。変なふうなギャグも入らないし、緊張感のあるストーリー展開が非常に良い。岡本先輩がいないだけで、随分雰囲気が違う。やっぱ、この世…

「ヤング ブラック・ジャック」第1話

第1話「医者はどこだ!」 原作コミックスは、出ているだけ全部既読。(現時点で11巻まで)。 アニメ版が話題になった時に購入した割に、アニメ版は見ていなかったので、初めて視聴してみたけど。正直、これは、うーん・・・という感じで。 原作の良さが生…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第24話

第24話「さらば逆転 Last Trial」 最終回。弁護士と検事の役割は何か? という話を、真実を突き止めることだ。として、きれいにまとめたところが良かった。どっちが勝っても、勝てばいいというものでもないという話で、そこに冥を絡ませるところも良かった…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第23話

第23話「さらば逆転 3rd Trial」 気のせいか、前回辺りから妙に演出に気合が入ってきたというか。 今回は、ミッちゃんがなるほどくんに紅茶を淹れるシーンがあって、ミツルギ検事の部屋で、二人きりで、「それを教えてくれたのは君だ」とかなんとか、あや…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第22話

第22話「さらば逆転 2nd Trial」 なんとなくだが、今までの中で一番良かったと思う。物語の流れに不自然さがなくて、スムーズに見れる。ドラマの作り方がこなれてきた感じ。こんなラスト間際になって、今更・・・とも思うけど、ゲーム原作を自然な感じに見…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第21話

第21話「さらば逆転 1st Trial」 新たな殺人事件、発生。原作ゲームはプレイ済みなので、キャラや事件の流れには見覚えがあるものの、ストーリーや犯人は全然覚えてなかった。ええと? 結局、これって、誰が犯人だったっけ? ぐらいなもの。 あの男、ミツ…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第20話

第20話「逆転サーカス Last Trial」 完結編。私はゲームをやっているとき、ミリカが犯人だとずっと疑っていて、そうじゃなかったという結論が出てきたときに、「ありゃ、疑って悪かったね、ミリカちゃん」という気持ちになったんだけれど、こうして、事件…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第19話

第19話「逆転サーカス 2nd Trial」 アクロさんが犯人なのは覚えていたが、動機の部分、どういう事故があったのかは忘れていた。これでまだ生きている弟、すごいな、と思うが。ライオンの前に頭を突き出すのはやめたほうがいいよね。 結局、バットの事故を…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第17、18話

第17話「再会、そして逆転 Last Trial」 第18話「逆転サーカス 1st Trial」 霊媒殺人。車が左ハンドルだというネタは覚えていたけど、この場合は、語るに落ちたという形で追い詰めただけなんだなあ。ゆさぶるのは、ゲームの基本ですが。 逆転サーカス。…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第16話

第16話「再会、そして逆転 3rd Trial」 供子さまのツボは、正しい形に作り直せとか、ゲームではやったような気がするんだけど、アニメだとそんなことはしてられないから、春美ちゃんの告白だけでさらっとスルーしたなあ。 いかにも怪しい女性と、いかにも…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!」第15話

第15話「再会、そして逆転 2nd Trial」 慣れてくれば、意外と楽しいのかもしれない。この作品。いや、もちろん、私がもともと、原作の無茶設定にいろいろ慣れているからですけど。 狩魔冥が、本格的に登場してきて、ムチでビシバシ攻撃してくるし、やり取…

「逆転裁判~その「真実」、異議あり!~」第14話

第14話「再会、そして逆転 1st Trial」 9ヶ月ぶりに視聴再開。13話まではリアルタイムで見ていたんだけれど、さすがに途中で耐えられなくなったし、いったん、視聴を停止した。とは言え、こういう宿題は残しておくと未練になるので、残り、1クールだし…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第39話

第39話「さよなら杜王町 黄金の心」 バイツァダストについて、先日の疑問を夫にぶつけて、「なんで時間が来ても、今度は爆発しないの?」と聞いたところ、「お前は何もわかってない」と言われて、バイツァダストの発動の仕組みについて、長々と解説された…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第37、38話

第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」 バイツァダストの効果の矛盾に気づいたんだけれど、一度壊れたものは、必ず、壊れるんだよね。時間を巻き戻しても無駄だから、…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第36話

第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」 そして、7月16日が繰り返される。7月15日のネタを長いこと続けていたと思っていたら、そのまま、7月16日のネタに突入したわけで、原作通りなのかはよく覚えてないが、そういう日付システムを使う…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第35話

第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」 7月15日は、まだ続いていたのか~。 吉良吉影が追い詰められ、物語が行き詰まったから、矢の力で新しい能力を手に入れました。という感じに見えるので、これって、ジャンプ流のご都合主義なんじゃない…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第34話

第34話「7月15日(木) その4」 露伴先生に同情の余地はない。と、前回は思ったものの、それでも、あれだけ一生懸命背中を隠しながら進まなきゃいけない露伴先生の姿を見ていたら、さすがに気の毒になってきた。康一くんにまで見捨てられて、ショック…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第33話

第33話「7月15日(木) その3」 「背中を見られたくない」と言っていた当人の意思を無視して、好奇心から覗いて、相手を死なせたのなら、悪いのは露伴先生だと思う。この場合は、露伴先生の自業自得なので、敵スタンドに取り憑かれたとしても、あんま…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第32話

第32話「7月15日(木) その2」 噴上裕也が、意外といい人なんでびっくりした。ちゃんと協力してくれるんだ? へ~。という感じで。とは言え、この世界では、戦ったあとの人たちは、みんなおとなしくなって、仲間になってくれるみたいだから便利だよね…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第31話

第31話「7月15日(木) その1」 これがネットで噂になっていたいろんなエピソード、同時進行か~。と、納得した。全部、同じ一日の出来事なら、それはそれですごいと思うけど、アニメの演出は、面白いことをやるなあ。と思った。順繰りにエピソードを…

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」第30話

第30話「猫は吉良吉影が好き」 あんな変な植物もどきになってしまった猫がかわいそうだった。あの奥さんが全て悪い。本当の猫好きなら、猫をほうきで追いやったりしません。そんなことをするのは猫が苦手な人だけです。 今回は、仗助たちが登場せず、川尻…