星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

アニメ

「機動戦士ガンダム00・2」第18話

第18話「交錯する想い」 大佐の死によって、マリーも二重人格化したのかな? 元の性格に戻っただけというか、別にアレルヤのことまで忘れたわけではないと思うが・・・。(というか、忘れたんじゃないと思いたい)。これで、マリーが大佐の息子を撃てば、…

「機動戦士ガンダム00・2」第17話

第17話「散りゆく光の中で」 崩壊する軌道エレベーターと、落下する破片からみんなを守れ! という形で、団結する人々。カタロンもアロウズもみんなが協力してくれる姿は、なかなか感動的。とはいえ、ある意味、これって、「逆シャア」の発展形だよね。と…

「機動戦士ガンダム00・2」第16話

第16話「悲劇への序章」 ミスターブシドーは、ネタキャラにしかなっていないというか、うざいだけだな。この人・・・。 連邦にクーデターが起きて、軌道エレベーターにいた人たちが人質になった。でも、報道は、みんな反政府活動家のせいだという。報道統…

「機動戦士ガンダム00・2」第15話

第15話「反抗の凱歌」 「無理をして、戦っているように見える」という点で、刹那とマリナが共通するのか。いつの間にか、すっかり仲良くなって・・・。

「機動戦士ガンダム00・2」第14話

第14話「歌が聴こえる」 刹那が子供のころに見たガンダムには、リボンズが乗っていたという話。刹那の想いとは逆に、この子供は使えるとばかりに、リボンズが刹那をソレスタルビーイングに推薦したという話が明らかになる。 信じたものがいろいろ崩されて…

「機動戦士ガンダム00・2」第13話

第13話「メメントモリ攻略戦」 この場合、この作戦の功労者は、ネーナなのでは? 彼女は、単純に王留美にいやがらせをしたかっただけかもしれないが・・・。

「機動戦士ガンダム00・2」第12話

第12話「宇宙で待ってる」 もともとルイスは、あんまり好きなキャラじゃなかったが、ますます壊れてきたなあ。という感じがする。写真の削除が徹底しすぎ。 それに比べれば、沙慈君は、未練たらたらという感じに見えるが、こちらも勝手に出ていこうとした…

「機動戦士ガンダム00・2」第11話

第11話「ダブルオーの声」 椅子に座ったポーズのまま、椅子が消えて、服も消えて、裸になっていると、さすがにちょっと間が抜けて見えた。宇宙空間で精神感応したという状況を描きたいのなら、「光る宇宙」方式で、アムロとララァが交信したときみたいな構…

「機動戦士ガンダム00・2」第10話

第10話「天の光」 「メメントモリ」ってよく聞くけど、どういう意味だっけ? と思ったので、ググってみた。ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。という答えが返ってきた。それを最終兵器の名前に使うとは、結構、皮肉…

「機動戦士ガンダム00・2」第9話

第9話「拭えぬ過去」 高河ゆんの絵は、基本的にあまり好きではないんだが、リボンズたちイノベイターを表すには、ちょうどいいのかもしれないなあ。と思った。ちょっと不気味な超人類として、美形で不敵な感じがよく出ている。あるいは、そういう彼らを表現…

「機動戦士ガンダム00・2」第8話

第8話「無垢なる歪み」 他人の不幸は蜜の味だが、他人の幸せは、見ていてつらい。沙慈・クロスロードとフェルトが、アレルヤとマリーに対して、複雑な心境を見せているのはわかりやすい話。特に、ロックオンを失っているフェルトはつらいだろうなあ。と、ち…

「機動戦士ガンダム00・2」第7話

第7話「再会と離別と」 なんだかめでたく、アレルヤがマリーとくっついたわ。大佐とのやり取りはもはや、娘を嫁に出すお父さんと婿の会話で、「お嬢さんを僕に下さい」という告白状態。涙を呑んで、「娘をよろしく」と、大佐は去っていくし、イチャイチャし…

「機動戦士ガンダム00・2」第6話

第6話「傷痕」 沙慈君は、カタロンの人たちに責任を感じて、ソレスタルビーイングに協力してアロウズを攻撃するほうに参加。とはいえ、彼が攻撃しようとしているMSに乗っているのは、ルイスだぞ。それがわかるから、見ているほうは、ええええっ! という…

「機動戦士ガンダム00・2」第5話

第5話「故国燃ゆ」 ずいぶんときつい展開になってきた。沙慈・クロスロードがカタロンにもソレスタルビーイングにもかかわりたくないし、間違われるのは迷惑だと考えるのはわかるし、そこから脱出しようとした気持ちもわかる。 とはいえ、結果としては、そ…

「機動戦士ガンダム00・2」第4話

第4話「戦う理由」 アレルヤとマリーの出会いが描かれる。なるほど。二人が共鳴するのは、ちゃんと科学的な理由があったのか。そういう風に調整されていたということね。アレルヤが、もといた施設を破壊したことにも、ちゃんとフォローが入ってきた。 助け…

「機動戦士ガンダム00・2」第3話

第3話「アレルヤ奪還作戦」 アレルヤが連邦につかまっているとわかったので、救出作戦。第1期最終回の後、彼がどうなったのか、ちらっとだけど描写があった。ああ、なるほど。ここでつかまって、それっきりだったのか。 王留美は、ネーナを使って、それを確…

「機動戦士ガンダム00・2」第2話

第2話「ツインドライヴ」 4年後の世界は、連邦政府直属のアロウズと、反政府側のカタロンが争っている世界で、そこにソレスタルビーイングの生き残りがいたり、リボンズたちがいたりしている。 刹那は、ロックオンの弟をソレスタルビーイングに誘ったけど…

「機動戦士ガンダム00・2」第1話

第1話「天使再臨」 第二期、開始。設定を改めて、4年後から物語がスタート。いろんな状況が一気に変わったので、何がどうなっているのか、まだよくわかってない。 とりあえず、地球連邦政府が樹立して、世界が統一されたにもかかわらず、紛争は絶えず、あ…

「機動戦士ガンダム00」第25話

第25話「刹那」 第1期最終回。こうしてみると、いろんな伏線が回収されないままになっていて、いかにも続きは第2期で! という引っ張りになっているんだなあ。とわかる。 世界は一応、統一されたわけだけれど、統一された世界で、今度は何が起こるのか? …

「機動戦士ガンダム00」第23、24話

第23話「世界を止めて」 第24話「終わりなき詩」 「お前はこのままの世界で本当にいいのか? 俺は嫌だ」というようなセリフがあって、ロックオンが地球に手を伸ばしながら、お亡くなりになったし・・・。 改めて、この子たちは、世界の変革を求めていた…

「機動戦士ガンダム00」第22話

第22話「トランザム」 トリニティ3兄妹を用済みと判断して、サーシェスに始末させる命令を出したのは、やっぱり、アレハンドロ・コーナーなんだろうな。間違っても、王留美ではあるまいよ。その辺、ちょっと紛らわしいかもしれない。 「ここで戦力を分断…

「機動戦士ガンダム00」第21話

第21話「滅びの道」 「フェルト、最近、明るくなったわね」みたいなセリフをスメラギさんに言わせているので、おっと。それはもしかして、フェルトがロックオンと? とにおわせてますが、そのとたんに、ロックオンがやられて、生死不明になってしまった。 …

「機動戦士ガンダム00」第20話

第20話「変革の刃」 「計画に介入することは、コーナー家の悲願だった」みたいなことを、アレハンドロ・コーナーが言っていたので、壮大な時間規模で、イオリア・シュヘンベルグのやり方に軌道修正を入れようとしていたということなのかな? それが「監視…

「機動戦士ガンダム00」第19話

第19話「絆」 見どころはいろいろあったけど、3つにわけるなら、トリニティ3兄妹と刹那たちが激突する冒頭部分と、沙慈とルイスの涙の別れと、ロックオンが刹那に銃を向けるそのやりとりなんだろうなあ。と思う。 会話を聞く限り、トリニティ3兄妹も一…

「機動戦士ガンダム00」第18話

第18話「悪意の矛先」 刹那にとっては、ガンダムは救いの神だったのかもしれないが、それと同じシチュエーションをもって登場したスローネは、気まぐれで殺戮を繰り返すような悪魔的存在だった。その対比が面白い。そりゃ、刹那にとっては許しがたいものが…

「機動戦士ガンダム00」第17話

第17話「スローネ強襲」 アレハンドロ・コーナーのセリフの中に「ソレスタルビーイングを監視している」という部分があったので、じゃあ、やっぱり、彼らは、ソレスタルビーイングとは別組織だと思ったほうがいいのか。 あと、トリニティ3兄妹は、ガンダ…

「機動戦士ガンダム00」第16話

第16話「トリニティ」 新キャラとして、3兄妹が新たに登場してきたが、昔見た時も思ったけど、どうも漫画っぽくて、好きじゃないな。戦闘スーツの色デザインが最悪って感じがする。白地にオレンジのラインというのはどうも・・・。 キャラ自体も、今まで…

「機動戦士ガンダム00」第15話

第15話「折れた翼」 ガンダムは4機しかいないんだから、物量戦でみんなで攻撃して、弱らせて、とらえろ。という作戦は間違ってないと思う。もともと、4機だけで、すべてやるのは無茶だろうと思っていたが・・・。 そしたら、なんか、新規のガンダムが登場…

「機動戦士ガンダム00」第14話

第14話「決意の朝」 2クール目に入って、OPもEDも変更。正確には、ここから新展開とみるべきなのか。ユニオン、人革連、AEUの大国3つが、対ガンダム、対ソレスタルビーイングのために集結しつつあるというのがわかった。 なんだか新キャラも色々…

「機動戦士ガンダム00」第13話

第13話「聖者の帰還」 刹那とグラハムがばったり遭遇。宮野真守の「僕、何も知らない一般人ですよ?」演技が良かったな。白々しくも、かわいらしくて。