星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

コミック

「銀の匙 Silver Spoon」第14巻 荒川弘

コミック33.「銀の匙 Silver Spoon」第14巻 荒川弘 小学館少年サンデーコミックス 久しぶりの新刊だから、買って読んだけれど、あまりに久しぶりすぎて、どのキャラがどんなキャラだったのか、すっかり忘れているし、それぞれがどんな立場に置かれていたか…

「ジョジョリオン」第15巻 荒木飛呂彦

コミック32.「ジョジョリオン」第15巻 荒木飛呂彦 集英社ジャンプコミックス 読んだけど、気持ち悪いばかりで、あんまり面白くなかった。

「ポーの一族 春の夢」 萩尾望都

コミック31.「ポーの一族 春の夢」 萩尾望都 フラワーコミックススペシャル 昔の作品とはまったく別だと切り替えてなら、読めるかな。この設定なら、いろいろ物語をふくらませることは可能だし、極端な話、エドガーとアランでなくても、別の一族が主人公でも…

「アトム ザ・ビギニング」第6巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック30.「アトム ザ・ビギニング」第6巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス いよいよ、ワールド・ロボット・バトリングの開始。このルールなら、ユウランの圧勝になるんじゃないかと…

「風雲児たち 幕末編」第29巻 みなもと太郎

コミック29.「風雲児たち 幕末編」第29巻 みなもと太郎 リイド社SPコミックス 寺田屋事件解説。混乱していたので、ネットで調べ直したけど、寺田屋事件と言ったら、坂本龍馬が狙われた事件じゃないの?? と思い込んでいたんだけれど、それとは別に、も…

「orange オレンジ」第6巻 高野苺

コミック28.「orange オレンジ」第6巻 高野苺 双葉社アクションコミックス 須和をメインにした外伝。この作品は、全5巻できれいに完結したと思ったけど、やっぱ、物語上、一番不憫なのは、彼だし、彼の気持ちをすくい上げる物語として、良かったと思う。 …

「Dr.キリコ 白い死神」第1巻 原作:手塚治虫 脚本:藤澤勇希 漫画:sanorin

コミック27.「Dr.キリコ 白い死神」第1巻 原作:手塚治虫 脚本:藤澤勇希 漫画:sanorin 秋田書店ヤング・チャンピオンコミックス 夫が古本屋で買ってきた。「ヤングブラック・ジャック」よりもよほどもとの「ブラック・ジャック」に近いと言うので、読んで…

「風光る」第40巻 渡辺多恵子

コミック26.「風光る」第40巻 渡辺多恵子 小学館フラワーコミックス 徳川慶喜、江戸へと帰還。船に乗る前に山崎烝、死亡。榎本武揚がそろそろ出てきたけど、私的には榎本さんがどういう人だったのかはよく知らないので、勉強させてもらいます。この漫画で…

「星界の紋章」第1~3巻 原作:森岡浩之 漫画:米村孝一郎

コミック23.「星界の紋章」第1巻 原作:森岡浩之 漫画:米村孝一郎 メテオコミックス コミック24.「星界の紋章」第2巻 原作:森岡浩之 漫画:米村孝一郎 メテオコミックス コミック25.「星界の紋章」第3巻 原作:森岡浩之 漫画:米村孝一郎 メテオコミッ…

「orange オレンジ」第3~5巻 高野苺

コミック20.「orange オレンジ」第3巻 高野苺 双葉社アクションコミックス コミック21.「orange オレンジ」第4巻 高野苺 双葉社アクションコミックス コミック22.「orange オレンジ」第5巻 高野苺 双葉社アクションコミックス 全5巻、読了。きれいなラス…

「orange オレンジ」第1、2巻 高野苺

コミック18.「orange オレンジ」第1巻 高野苺 双葉社アクションコミックス コミック19.「orange オレンジ」第2巻 高野苺 双葉社アクションコミックス アニメ版、実写映画版、ともに未見。 実写映画版が公開されているときに、原作の第1話を収録した冊子が…

「アオイホノオ」第17巻 島本和彦

コミック16.「アオイホノオ」第17巻 島本和彦 小学館少年サンデーコミックススペシャル 「風の戦士ダン」の誕生秘話。そもそも、この作品の原作者が雁屋哲という段階で違和感があって、よく雁屋先生が、こんなギャグ漫画の原作を書けたなあ? などと思って…

「月影ベイベ」第9巻 小玉ユキ

コミック15.「月影ベイベ」第9巻 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ 物語自体は、非常にきれいに終わって、満足したんだけれど。 どうにも最初から気になっていることがあって、書いてみる。 この作品で使われている「だら」という方言。私の地元…

「クジラの子らは砂上に歌う」第7~9巻 梅田阿比

コミック12.「クジラの子らは砂上に歌う」第7巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック13.「クジラの子らは砂上に歌う」第8巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック14.「クジラの子らは砂上に歌う」第9巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミ…

「クジラの子らは砂上に歌う」第5、6巻 梅田阿比

コミック10.「クジラの子らは砂上に歌う」第5巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック11.「クジラの子らは砂上に歌う」第6巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 泥クジラの秘密がどんどん明らかになっていき、世界も広がりを見せている。外の…

「ヤング ブラック・ジャック」第12巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご

コミック9.「ヤング ブラック・ジャック」第12巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご 秋田書店ヤングチャンピオンコミックス 物語がそろそろまとめに入ってきたのか? 間くんも医師免許を取れたみたいだし、ここから先は、その医師免許を取り…

「クジラの子らは砂上に歌う」第3、4巻 梅田阿比

コミック7.「クジラの子らは砂上に歌う」第3巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック8.「クジラの子らは砂上に歌う」第4巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 順序として逆なのはわかっているんだけれど、なんだかアニメを見る前にネタバレを…

「海街diary」第8巻 恋と巡礼 吉田秋生

コミック6.「海街diary」第8巻 恋と巡礼 吉田秋生 小学館fsコミックス 結婚祝いに鮭ととうもろこしを送ってきたら、それって、そんなに悪いことなんだろうか? と、ちょっと考えてしまった私も、普通の人の感覚とはちょっとずれているのかもしれないな。と…

「アトム ザ・ビギニング」第5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック5.「アトム ザ・ビギニング」第5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 順調に面白い。ロボコンにあえてユウランが出場するというのは、もとの「鉄腕アトム」にもあったエピソー…

「クジラの子らは砂上に歌う」第1、2巻 梅田阿比

コミック3.「クジラの子らは砂上に歌う」第1巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス コミック4.「クジラの子らは砂上に歌う」第2巻 梅田阿比 秋田書店ボニータコミックス 砂の海に浮かぶ泥クジラ。クジラの上での生活が、僕達の世界の全てだった。という…

「パーム39 TASK IV」 獣木野生

コミック2.「パーム39 TASK IV」 獣木野生 新書館ウィングスコミックス 「すべては弱さからだ。弱い人間が自分の意志では生きられず、一方向に流されてゆく。促され、許容されれば、どんな残酷な考えも抱き、実行する」 印象に残ったセリフをメモ。 1年ぶ…

「王妃マルゴ」第5巻 萩尾望都

コミック1.「王妃マルゴ」第5巻 萩尾望都 集英社愛蔵版コミックス 1年ぶりの新刊。前の筋を忘れてしまったので、そのうち、また通し読みをしなきゃなあ。と思いますが、ざっと読んだ感想として。やっぱ、一番怖いのは、お母様なんだなあ。と。自分の手を汚…

「ジョジョリオン」第14巻 荒木飛呂彦

コミック92.「ジョジョリオン」第14巻 荒木飛呂彦 集英社ジャンプコミックス 常秀のお金の話が面白かった。けど、これに近いネタは、前にも見たような気がする。お金を減らそうとしても、難しいと。 杜王町らしいな、という感じがするのは、みんなが知って…

「ふしぎの国のバード」第3巻 佐々大河

コミック91.「ふしぎの国のバード」第3巻 佐々大河 ビームコミックス 「世界から尊敬される行いをする、それこそが真の意味で我が国の利益になるのではないかと」 本当にハリー・バークスがこんな立派なことを思っていたのかどうかはわからないが、考え方自…

「月影ベイベ」第8巻 小玉ユキ

コミック90.「月影ベイベ」第8巻 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ 母親の残した日記帳が、なかなかリアルに娘のことが書かれていて、良かったと思う。その内容と、最後の螢子の告白シーンが、微妙にリンクしていて、まとまりの良かった巻だな、…

「アトム ザ・ビギニング」第4巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック89.「アトム ザ・ビギニング」第4巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 順調に面白い。相手の言葉を繰り返すだけで、会話のように見える。そのロボットのやり取りと、オチの締め…

「風雲児たち 幕末編」第28巻 みなもと太郎

コミック88.「風雲児たち 幕末編」第28巻 みなもと太郎 リイド社SPコミックス 肥後勤王党のメンバーの中に、どさくさ紛れにくまモンが混じっているのが、かわいくていいなあ。と思った。 大久保さんは、久光と西郷の間で色々大変だなあ。と、思って、こ…

「ヤングブラックジャック」第11巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご

コミック87.「ヤングブラックジャック」第11巻 原作:手塚治虫 脚本:田畑由秋 作画:大熊ゆうご 秋田書店ヤングチャンピオンコミックス 新章突入。今度の題材は、抗がん剤ということで、薬が作られる過程というか、歴史、製薬会社や大学病院の闇まで踏み込…

「アオイホノオ」第16巻 島本和彦

コミック86.「アオイホノオ」第16巻 島本和彦 小学館少年サンデーコミックススペシャル ホノオ君の受賞作、タイトルページの入れ替えが結構ショックだったんですけど、プロの世界では、当たり前に起こることなのかな? 新人相手だから容赦ないってことか??…

「悪夢の棲む家 ゴーストハント」第3巻 作画:いなだ詩穂 原作:小野不由美

コミック85.「悪夢の棲む家 ゴーストハント」第3巻 作画:いなだ詩穂 原作:小野不由美 講談社ARIAコミックス うちの実家は田舎だし、集落から外れた飛び地に建っている一軒家なので、隣の家というものが存在しない。前は道路だし、隣も後ろも田んぼだしね。…

「風光る」第39巻 渡辺多恵子

コミック84.「風光る」第39巻 渡辺多恵子 小学館フラワーコミックス 鳥羽伏見の戦いの経緯を丁寧に描いてくれたのは、勉強になりました。

「ふしぎの国のバード」第2巻 佐々大河

コミック83.「ふしぎの国のバード」第2巻 佐々大河 ビームコミックス これはいい漫画だと思う。明治時代に日本を旅したイギリス人女性がいたことも知らなかったし、その記録は、昔の日本の風俗を知る上で非常に参考になる。それを漫画で紹介してくれるのは、…

「アトム ザ・ビギニング」第3巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック82.「アトム ザ・ビギニング」第3巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 順調に面白い。天馬博士とお茶の水博士の考え方が違っていて、いいな。ウマタロウは、ロボットは神だとい…

「ふしぎの国のバード」第1巻 佐々大河

コミック81.「ふしぎの国のバード」第1巻 佐々大河 ビームコミックス これもネットで紹介されていたので、買ってきた。第1巻を読む限り、非常に面白かったので、続きも買いたい。 明治時代に、日本を探検したイギリス人女性がいたとははじめて知ったし、その…

「アトム ザ・ビギニング」第1、2巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック79.「アトム ザ・ビギニング」第1巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス コミック80.「アトム ザ・ビギニング」第2巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カ…

「雨無村役場産業課兼観光係」第1~3巻 岩本ナオ

コミック76.「雨無村役場産業課兼観光係」第1巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック77.「雨無村役場産業課兼観光係」第2巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック78.「雨無村役場産業課兼観光係」第3巻 岩本ナオ 小学館…

「町でうわさの天狗の子」第9~12巻 岩本ナオ

コミック72.「町でうわさの天狗の子」第9巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック73.「町でうわさの天狗の子」第10巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック74.「町でうわさの天狗の子」第11巻 岩本ナオ 小学館フラワーズ…

「町でうわさの天狗の子」第8巻 岩本ナオ

コミック71.「町でうわさの天狗の子」第8巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ 「お前は心配しなくていい。お前の心配は俺がする」 これはもう、決め台詞ですよ~。瞬ちゃん、かっこよすぎ~。見ているこちらがクラクラするわ。いやさもう、ここ…

「町でうわさの天狗の子」第6、7巻 岩本ナオ

コミック69.「町でうわさの天狗の子」第6巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック70.「町でうわさの天狗の子」第7巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ ここまではっきり両想いだと言うことが分かっているのに、当の本人達が、…

「町でうわさの天狗の子」第5巻 岩本ナオ

コミック68.「町でうわさの天狗の子」第5巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ 携帯ストラップの八咫烏が、実体化したり、仏像を通じてもののけが故郷へと戻って行ったり、改めて、この作品ってちゃんとファンタジーだったんだなあ。と思った。 …

「町でうわさの天狗の子」第3、4巻 岩本ナオ

コミック66.「町でうわさの天狗の子」第3巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック67.「町でうわさの天狗の子」第4巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ 告白した後、つきあい始めるのもあっという間だったが、「彼女という感じ…

「町でうわさの天狗の子」第1、2巻 岩本ナオ

コミック64.「町でうわさの天狗の子」第1巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ コミック65.「町でうわさの天狗の子」第2巻 岩本ナオ 小学館フラワーズコミックスアルファ この作家の本は、初買いだし、初読み。どんな内容かも全然知らなかったが…

「ラヴァーズ・キス 新装版」 吉田秋生

コミック63.「ラヴァーズ・キス 新装版」 吉田秋生 小学館fsコミックス 「海街diary」の世界観とつながっているというので、20年ぶりに再読。昔、フラワーコミックス版を持っていたはずだけど、たぶん、引越のときに処分したんじゃないのかな? 新装版がある…

「海街diary」第6、7巻 吉田秋生

コミック61.「海街diary」第6巻 四月になれば彼女は 吉田秋生 小学館fsコミックス コミック62.「海街diary」第7巻 あの日の青空 吉田秋生 小学館fsコミックス そろそろ物語がまとめに入ったみたいで、いろんな伏線を回収し始めた。気になっていたカップルは…

「Beautiful Sunset 小玉ユキ短編集II」 小玉ユキ

コミック60.「Beautiful Sunset 小玉ユキ短編集II」 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ 初期短編集。表題作が一番いいな。「中学生をなめんじゃねえよ」の台詞が印象に残った。これは、先生が悪いね。大人の方に問題があるね。まあ、こんなややこし…

「マンゴーの涙 小玉ユキ短編集I」 小玉ユキ

コミック59.「マンゴーの涙 小玉ユキ短編集I」 小玉ユキ 小学館フラワーコミックス 初期短編集。表題作と続きの作品はベトナムが舞台だったけど、なんでベトナムなんだろう? と思った。この作家も、海外での暮らしに思うところがあるのだろうか? 個人的に…

「光の海」 小玉ユキ

コミック58.「光の海」 小玉ユキ 小学館フラワーコミックス 人魚をテーマにした短編集。どれもよかったけど、個人的には「さよならスパンコール」が好み。最終的に、みんないなくなる。消えてしまう切なさが出てて、好き。

「月影ベイベ」第5~7巻 小玉ユキ

コミック55.「月影ベイベ」第5巻 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ コミック56.「月影ベイベ」第6巻 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ コミック57.「月影ベイベ」第7巻 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ 光くん、かっこいいな…

「ジョジョリオン」第13巻 荒木飛呂彦

コミック54.「ジョジョリオン」第13巻 荒木飛呂彦 集英社ジャンプコミックス いよいよ、あきらかになった定助の過去。やっと、ロカカカの話とつながったなあ。と思う。けど、やっぱ、通しで読まないと、わかりづらいのは確か。ここまでくるのが長かったので。

「海街diary」第4、5巻 吉田秋生

コミック52.「海街diary」第4巻 帰れないふたり 吉田秋生 小学館fsコミックス コミック53.「海街diary」第5巻 群青 吉田秋生 小学館fsコミックス リアルな日常のドラマが丁寧に描かれていて、胸を打ちます。登場人物が非常にしっかりとした自分の考えを持っ…