星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「フルメタル・パニック!」第8話

第8話「パートタイム・ステディ」 こういう学園ラブコメみたいな雰囲気になってくると、「ふもっふ」と似てくるなあ。というか、京アニ版で見たかったなあ。という気分になる。やっぱ、同じ話でも、京アニがやるとたぶん、違うと思うから。 お話自体は、普…

「フルメタル・パニック!」第7話

第7話「ボーイ・ミーツ・ガール」 たぶん、ここで原作小説なら第1巻終了。という感じなんだろうけど、きれいな最終回に見えました。一つの物語、一つの冒険が終わった。と思う。 で、また普通の日常が戻ってくる。なにげに宗介が、普通の学園生活に戻ってい…

「フルメタル・パニック!」第6話

第6話「STILL ALIVE」 「ここからは君ひとりで逃げろ」「私一人で逃げるなんていやよ」と言って、喧嘩している二人。仲いいねえ。と思って、にやにやしてます。なんか、すっかり出来上がっているじゃないですか。それがいいね。

「フルメタル・パニック!」第5話

第5話「囁かれし者」 宗介の魅力は、お姫様を守るナイトの立ち位置だからなんだろうなあ。と思った。千鳥かなめの救出よりも、乗客を守ることが最優先だ。優先順位を間違えるな。という言葉が何度も繰り返されて、にもかかわらず、かなめの救出に向かっちゃ…

「フルメタル・パニック!」第4話

第4話「キッド・ナップ」 3話までが前置きで、いよいよ話が動き出した。という感じ。相良君、いよいよ、出番ですよ。素直に、宗介がかっこいい。

「フルメタル・パニック!」第3話

第3話「ランジェリー・パニック」 順調に面白い。宗介は、表情を変えずに、ひたすらまじめに任務をこなすのがいいんだなあ。と思う。 軍事オタの少年と仲良く会話。話が弾んで楽しそうでよかったなあ。と思った。はたから見れば、似たようなもので・・・。

「アトム ザ・ビギニング」第8巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック9.「アトム ザ・ビギニング」第8巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 買ったけど、あんまりおもしろくなかった。なんで、いきなりベトナム? ピノコもどきの変な女が出てきて、…

「フルメタル・パニック!」第2話

第2話「守ってあげたい」 任務だから、余計なことは言えないし、空振りしても、ケガしても、せっせと真面目に努めている宗介がいいなあと思う。 普通に、順調に面白いです。

水島精二監督 「機動戦士ガンダム00-A Wakening of the Trailblazer- 」

映画12.水島精二監督 「機動戦士ガンダム00-A Wakening of the Trailblazer- 」 (日本・2010) 自宅で視聴。テレビ版を全話見終わったので、忘れないうちに劇場版を見た。思いっきり続きだし、これがやりたくて長いテレビシリーズがあったのか。とい…

「フルメタル・パニック!」第1話

第1話「気になるあいつは軍曹」 原作小説は未読。だけど、アニメ版は、過去の放送分は全部見てます。今回は、久しぶりに4度目のアニメ化だから、それに合わせて、昔の放送をアマゾンプライムで見てみることにしました。でないと、細かい設定とか忘れてるし…

「機動戦士ガンダム00・2」第24、25話

第24話「BEYOND」 第25話「再生」 もう最後だから、2話まとめて見た。けど、あんまりおもしろいとは思えなかった。 刹那が、イノベイダーとして覚醒とか言い始めたあたりで、しらけてきたんだけれど、ガンダムに乗っていることで、そういう種の覚醒が起…

「機動戦士ガンダム00・2」第23話

第23話「命の華」 引き続き、戦闘シーンばかりで見るところがない。 パトリック・コーラサワーが、ここで戦死するとは思わなかった。こういうキャラは、最終回まで明るく生き延びそうに見えたのにな。それとも、マネキン大佐にも死亡フラグが立ったとみる…

夏の新番組チェック予定。

06/17(日)07:30 「ハイキュー!!」:NHKBSプレミアム 07/22(日)24:35 「進撃の巨人 season3」:NHK総合テレビ http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4906 http://m-p.sakura.ne.jp/Html/anime.html あくまで録画用のメモです。視…

ウェス・アンダーソン監督 「犬ヶ島」

映画11.ウェス・アンダーソン監督 「犬ヶ島」 (アメリカ・2018) 109シネマズ湘南にて字幕版を視聴。正直、あんまりおもしろくなかった。もともと、期待もそんなにしてなかったんだけれど、予告映像そのままというか、アニメーションとしての映像セ…

「機動戦士ガンダム00・2」第22話

第22話「未来のために」 戦闘シーンばかりで、あんまり見るところがなかった。なんだか「未来のために」というセリフで、なんでも都合よくごまかしているような感じがする。

「機動戦士ガンダム00・2」第21話

第21話「革新の扉」 物語がラストに近づいたので、キャラを整理しにかかったのかな、とも思えるが、とにかく、留美、ネーナ、ルイスという、性格の悪い女たちが、三つ巴で殺し合いをやっているのを見ると、なんだかなあ。という感じがして、見ていて、気分…

「機動戦士ガンダム00・2」第20話

第20話「アニュー・リターン」 アニュー死亡。とはいえ、なんか冷めているのは、どこかしら、感動させようという作り手側の手管が透けて見えて、それっぽい音楽がいろいろ流れても、なんだかねえ。という感じにしかならなかった。 最初から、アニューは怪…

「民権と憲法 シリーズ日本近現代史②」 牧原憲夫

読書18.「民権と憲法 シリーズ日本近現代史②」 牧原憲夫 岩波新書 明治時代、勉強中。なんとなくわかってきたのは、明治維新を経て、江戸時代とはすっかりやり方が変わってしまった庶民の混乱ぶり。 本来、なあなあで済ませていたことですら、きちんと制度と…

「一九八四年」 ジョージ・オーウェル

読書17.「一九八四年」 ジョージ・オーウェル ハヤカワ文庫 旧訳版を読みました。古本屋で安かったので、まあ、旧訳でも新訳でも中身は一緒だろう。と、軽く考えていたんだけれど、読んでみたら、とんでもなかった。出てくる単語や言葉が難しくて、さらに、…

静野孔文、瀬下寛之監督 「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

映画10.静野孔文、瀬下寛之監督 「GODZILLA 決戦機動増殖都市」 (日本・2018) 109シネマズ湘南にて視聴。すごくおもしろかったです! 1作目は、怪獣映画のふりをして、SF映画だなあ。と、思ってみてたけど、今回は、SFというかロボットアニメ…

クリス・マッケイ監督 「レゴバットマン ザ・ムービー」

映画9.クリス・マッケイ監督 「レゴバットマン ザ・ムービー」 (アメリカ・2017) 2D字幕版を自宅で視聴。面白かったです。「レゴムービー」の続編だと聞いていたんだけれど、物語に直接なつながりはなく、単にバットマンのアニメをレゴで描いてみま…

「機動戦士ガンダム00・2」第19話

第19話「イノベイターの影」 沙慈君が男を見せる話。ルイスを取り戻そうと、必死に語りかける姿はなかなか感動的でした。

「機動戦士ガンダム00・2」第18話

第18話「交錯する想い」 大佐の死によって、マリーも二重人格化したのかな? 元の性格に戻っただけというか、別にアレルヤのことまで忘れたわけではないと思うが・・・。(というか、忘れたんじゃないと思いたい)。これで、マリーが大佐の息子を撃てば、…

「機動戦士ガンダム00・2」第17話

第17話「散りゆく光の中で」 崩壊する軌道エレベーターと、落下する破片からみんなを守れ! という形で、団結する人々。カタロンもアロウズもみんなが協力してくれる姿は、なかなか感動的。とはいえ、ある意味、これって、「逆シャア」の発展形だよね。と…

「機動戦士ガンダム00・2」第16話

第16話「悲劇への序章」 ミスターブシドーは、ネタキャラにしかなっていないというか、うざいだけだな。この人・・・。 連邦にクーデターが起きて、軌道エレベーターにいた人たちが人質になった。でも、報道は、みんな反政府活動家のせいだという。報道統…

「機動戦士ガンダム00・2」第15話

第15話「反抗の凱歌」 「無理をして、戦っているように見える」という点で、刹那とマリナが共通するのか。いつの間にか、すっかり仲良くなって・・・。

アラン・テイラー監督 「マイティ・ソー ダーク・ワールド」

映画8.アラン・テイラー監督 「マイティ・ソー ダーク・ワールド」 (アメリカ・2013) 2D字幕版を自宅で視聴。これも続きを見たかった作品の一つ。やっと見れたので、素直にうれしい。 このシリーズは、圧倒的に、北欧神話の世界観が素敵。アスガルド…

「機動戦士ガンダム00・2」第14話

第14話「歌が聴こえる」 刹那が子供のころに見たガンダムには、リボンズが乗っていたという話。刹那の想いとは逆に、この子供は使えるとばかりに、リボンズが刹那をソレスタルビーイングに推薦したという話が明らかになる。 信じたものがいろいろ崩されて…

「機動戦士ガンダム00・2」第13話

第13話「メメントモリ攻略戦」 この場合、この作戦の功労者は、ネーナなのでは? 彼女は、単純に王留美にいやがらせをしたかっただけかもしれないが・・・。

「アオイホノオ」第19巻 島本和彦

コミック8.「アオイホノオ」第19巻 島本和彦 小学館少年サンデーコミックススペシャル なんかまあ、いつも通りという感じで、普通に面白かった。「愛国戦隊大日本」の制作裏話が読めたのが貴重かな? 飲み会の悪ノリ風景は、いかにも大学のサークルのノリ…