星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「舟を編む」第11話

第11話「灯」

最終回。きれいに終わったと思うけど、この作品の難点は、最後まで見ても、辞書づくりの大切さ・・・というのが、伝わってこなくて、そんなに辞書ってすごいものなんだろうか?? と、未だに思うことで。いくら松本先生や馬締さんがもっともらしいことを言っても、辞書は人と人をつなぐ船だとかなんとか、抽象的すぎて、よくわかんないし、説得力がゼロだってことですね。それを言い出すと、身も蓋もないんですけど、実際そうなんだから、仕方がない。

これが外国語の辞書なら、異なる国の人々と交流を深めるため、語学学習のために大切なものだという話もわかるんだけれど、この場合、国語辞典でしょ? 国語辞典って、今の時代に必要性があるのだろうか?

必要以上に丁寧な言い回しを覚えても、そんなに役に立つものじゃないし、辞書なんか引いている暇があったら、その分だけ多くの人と会話すべきじゃないの?? という感じがする。

この作品で伝わるものがあったとすれば、コミュ障の主人公にも居場所があって、やりがいのある仕事が見つかって、よかったね。という感慨で、それでも、どちらかと言えば、なんでもスムーズにうまく行きすぎじゃないか? という気もするけど、まあ、所詮は、物語だからね。こんなものでしょ。という感じ。

アニメとしての演出が見事だったとは思うので、内容よりもそちらを評価したい。きれいなアニメーションで、見ごたえがありました。よかったです。

「舟を編む」第10話

第10話「矜持」

姿を見せないと思っていたら、お婆ちゃんはもう死んでましたか。13年も、14年も経過していれば、いろいろあるよね。

辞書のやり直し作業は、見ているだけで恐ろしい気分になった。あんな仕事はやりたくないと思う。しかしまあ、バイト(?)の人たちが、みんなそろって「辞書の仕事、楽しかったです!」と言ってくれるのは、やっぱり、ここが夢の世界だからという感じがする。誰か一人ぐらい、「やってられるか!」と暴れだしそうなものだけれど、そんなエピソードを入れたら、話がややこしくなって、先に進まないかな? とも思う。

松本先生の入院シーンが入ったのが、たぶん、伏線だろうという感じはする。大渡海の完成に間に合うのか間に合わないのか、次回を待ちます。

「舟を編む」第9話

第9話「血潮」

西岡さんが馬締さんのラブレターのコピーをこっそり隠しておいたのは分かるとしても、随分と回りくどいことをするなあ。と思った。わざわざ「夜間飛行」のタイトルを出したからには、そこに引っ掛けを入れたいんだろうなあ。という感じがした。

原作を立ち読みしたけど、原作には「夜間飛行」の本にメッセージを隠したというエピソードはないみたいだし、その部分だけアニメオリジナルっぽい。

一言でまとめるなら、サン・テグジュペリの「夜間飛行」というのは、「どんな大事故が起きようとも、それでも次の飛行機は飛ぶ」という話で、「そうやって仕事はずっと続いていく」という話だったと記憶している。

それを辞書づくりの作業に引っ掛けたかったんだろうなあ。と、解釈してみた。それこそ、随分回りくどいけど、興味のある人は、読んでみてね。という宣伝かな?

あれは、いい作品だった。細かい部分は忘れたけど、そういう印象だけ残っている。

「舟を編む」第8話

第8話「編む」

一気に13年後に話が飛んだのでびっくりした。辞書を完成させるシーンまでやりたいのかな? と思ったけど、前の彼等の物語を知りたかった身としては、ちょっと残念。

新キャラ登場だけれど、ファッション誌の編集をやっていたなら、辞書編集部に異動になれば、そりゃがっくりするだろうという感じもする。

「舟を編む」第6、7話

第6話「共振」

第7話「信頼」

屋上で、缶コーヒーを2人で飲んで、友情を確かめあってるみたいな・・・。確かに、先生の言うとおり、「いつの間にかすっかり仲良くなって」という感じで、ほわほわします。

 

「舟を編む」第5話

第5話「揺蕩う」

辞書編集部というのは、「パトレイバー」における第二小隊みたいなもので、はずれ者を集めて、埋立地に追いやっているみたいな、そういう部署なんだろうか? という感じもちょっとした。少なくとも、この出版社の中では、どこか場違い的な、その分だけ隔離された楽園になっているみたいな、そういうイメージだな、と思った。会社にしてみれば、いつでも、切り捨て御免、ができるという。

西岡さんみたいな人が、なんでその部署に配属されたのかは謎だが、5年もいて、彼は彼なりに、この部署を愛しているというか、守りたい気持ちがあるのかと。そういう部分がいいなあ。と思う。

宣伝部に回されることをみんなに告げられなくて、外回りで腐っているときに、時間経過を表すのに、猫を使った演出がちょっと気に入っている。猫、かわいいよ。猫。

やけに西岡さんが目立つんだけれど、ある種、彼は、第二の主人公の位置にいるというか、普通に視聴者である一般人が感情移入するとしたら、馬締さんよりもこの人の方なんだろうなあ、と思う。会社勤めの哀愁が出ていて、気持ちがよく分かる分だけ。

「舟を編む」第4話

第4話「漸進」

OPでも、やたら強調されている観覧車だけれど、どうやら下宿しているアパートから見える位置にあるらしい。最初、「浅草の花やしきかな?」と思ったんだけれど、どうも違うっぽいので、結局はググった。後楽園遊園地が正解らしいので、主人公は、どこかそこら辺のアパートから、神田にある会社まで地下鉄で通っているんだろうな、というのがわかった。東京の地図と照らし合わせれば、何線で通っているのかもわかるんだろうけど、まあ、そこまで調べなくてもいいかな?

基本、私は遊園地にはいかないし、東京メトロも乗る機会がないし、よく知らないんだ。神田古本屋街だけは行ったことがあるんだけど。

観覧車が好きだという2人。このまま、カップリングするのだろうか? 傍から見ていれば微笑ましくもあるんだけれど、さて?

物語は、西岡さんの方に不穏な動きがある。大丈夫なわけないだろうという不吉なセリフも出てきたところだから、続きが気になります。次回を待ちます。