読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「ヤング ブラック・ジャック」第11話

第11話「無残帳 その3」

ありとあらゆる二次創作に対して、「ここまではやっていいけど、ここから先は嫌だ」という許容範囲というものがあって、その線引がどこになるかは人によって違うというか、性格にもよるし、元の作品への思い入れによっても違うんだろうけど。

「ヤング ブラック・ジャック」というこの作品自体が、「ブラック・ジャック」のパロディみたいなものだし、「無残帳」編は「どろろ」のパロディみたいなものだと考えて、この場合は、私の「どろろ」や百鬼丸への思い入れが強すぎて、どうしても許せないところに来ちゃっている感じだ。

元の作品に思い入れがない人にとっては、たぶん、どうでもいいし、何でもありでいいじゃん? という感じになるんだろうけど。

しかし、私にとっては、百鬼丸はとても大切な人なので、この人を殺人鬼みたいに描いたのは、許容範囲を超えちゃっているんだな。自分の大事にしているものを汚された気分だ。いくらスターシステムだからと言っても、やっていいことと悪いことがあるぞ。みたいな反発が来る。言っても、詮無いことだとは思うんだけど・・・。

しかも、ここまでやった百樹先生に対して、「生きてください」とか言って、監獄から逃しちゃうのは倫理的にどうかと思うよ。そうやって野放しにしたら、結局、また殺人を繰り返すことになるじゃないか?

医学界が腐っているということを描きたかったにしては、物語がちゃちいし、どう見ても、これって、不幸な事故じゃん? 百樹先生がそこまでする理由付けとしてはあまりに弱すぎるし、誰が悪いと言って、「キミが代わりに手術をやってくれ」と頼んで、勝手に死んじゃった先生とか、故障させるだけだという話なのに、勝手にブレーキを効かなくしちゃった脇役の人とか、そっちのせいじゃないのか? という感じがするので、なんじゃこりゃ? 状態。

よく覚えてないけど、原作もそういう話だったかな? でも、ひどい話だったというものすごい嫌な記憶があるので、なんかもう、読み返すのも嫌なんだよね。気になるなら、確認するしかないけど。

原作だと、最後に百樹先生がベトナムにいったのは覚えている。けど、アニメ版ではなぜか、ミッドナイトの帽子(?)をかぶっていたので、タクシードライバーになったということなのかな? と思った。そこが夫が言っていた「アニメ版のほうがマイルド」という意味なんだと解釈してみる。

かわいそうなのは、婚約者とろろでしょう。やっぱり、ひどい話だなあ。と思う。

「ヤング ブラック・ジャック」第10話

第10話「無残帳 その2」

「アニメ版は、原作よりはマイルドに描かれていたよ」と夫が言っていたので、ストーリーに変更でもあるのだろうか? と思っていたけど、やっぱり、アニメで見ても、ひどい話だったね、この話は。それとも、オチの部分に変更があるということなのかな? そのへんは、次回を見なきゃわかりませんが。

原作の漫画を読んだときも思ったけど、百樹先生の扱いがひどすぎて、「どろろ」ファンとしては、とてもじゃないけど耐えられない。

自分をひどい運命に陥れた人間への復讐劇という「巌窟王」的なテーマは、手塚漫画にはよく見られるパターンかもしれないが、なにもそれを百鬼丸でやらなくてもいいじゃん? 百鬼丸は、そんな人じゃないよ。あの人、とてもいい人だよ。と、なんだかムキになって、言いたくなる。父親に復讐なんかしなかったし、弟だって、殺したくて殺したわけじゃないじゃん。

今、思いついたけど、「鉄の旋律」をやりたかったのかな? と、ちょっと思った。でもね、私は、個人的に「鉄の旋律」が大嫌いなんで、あんな怖い話、思い出したくもないんだけどな。

「ヤング ブラック・ジャック」第8、9話

第8話「苦痛なき革命 その2」

第9話「無残帳 その1」

こうして通しで見ていくと、物語がちゃんとつながっているのがよく分かる。無痛症の彼の物語は、ドクター・キリコの出て来るベトナムの話とつながるし、無残帳の百樹先生の物語は、第1話の手足の千切れた少年の話とつながる。

それぞれの物語が、ちゃんと間の成長に与えた影響を語っているのか。

百樹先生の手術をどうしてもやりたいと申し出たとき、第1話の少年をなんとしても救いたかった間くんの気持ちが伝わったので、そこからすべてが始まったという物語の流れも分かったし。

しかし、無残帳は、これからひどい話になるはずなので、アニメ版ではどうなることか、続きを待ちます。

戦争が医学を発展させてきたという側面もある、という話は印象に残った。苦痛を感じない兵士がいたら、その方が都合のいい人々もいると。そんな研究に興味を持ったら、泥沼から出られなくなるぞという警告もわかる。

しかし、原作通りなのは分かるとしても、「七色いんこ」をいきなり出してきたのは、さすがに無理があるんじゃないかとちょっと思った。私が見ても、あまりに唐突で意味がわからない。私自身が、「七色いんこ」にはあまり興味が無いので、設定をよく知らないというか、読んだはずだけど覚えてないからかもしれないけど・・・。

「ヤング ブラック・ジャック」第7話

第7話「苦痛なき革命 その1」

原作は読んでいるはずなんだけれど、物語の展開はすっかり忘れていて、この男性キャラが無痛症なのは覚えていたんだけれど、結局、なんでそうなったんだっけ? そして、どうなったんだっけ? という部分はすっかり忘れていて、教えてもらうには、次回を待たなければなりません。

ただ、この患者を間くんが手術するんだとしたら、よほどの理由付けが必要じゃないか? という気がする。医学生が手術をしちゃいけないという大原則があるわけだし。興味本位で調べるのまではいいけど、それ以上は治療に関わっちゃいけないんじゃないかと思ってしまう。

そのへんをどうしたのか、どうだったのかが覚えていなくて、なんだかもやもやするから、早いうちに続きを見ないとなあ。と思ってます。

「ヤング ブラック・ジャック」第6話

第6話「ベトナムにて その3」

ベトナム編、完結。きれいに終わったし、いい話だったと思う。

そういえば、私は原作を読んだときでさえ、この彼がドクター・キリコだって、最初から知っていたわけなんだけれど、物語的には、オチの部分で初めて明かされるという仕掛けだったのか。と、今更気づいた。

キリコがロケットの中に妹と父親の写真を入れていたりするから、ああ、なるほどと。「ブラック・ジャック」のファンだと、ここでニンマリすることになるのか、と、わかった。

そうでないと、髪が短いキリコなんて、想像もつかないというか、、まさかこの彼がドクター・キリコだなんて、普通は思いもしないだろうと。なんで、彼だけ原作に似せていないのかと、ようやく気づいた。そういう引掛けだったのね。と思う。

私はなんだか、最初から夫に聞かされてて(彼はアニメ版だけリアルテイムで視聴していた)、ベトナム編ではドクター・キリコが正義感の強い軍医として出てくるんだと聞いちゃったから、「あ、そう?」と思っただけというか、びっくりも引っ掛けも、何も考えずにスルーしちゃったんだが、今にして思えば、ネタバレを思い切り聞かされていたんだってことなんだねえ。

「ヤング ブラック・ジャック」第5話

第5話「ベトナムにて その2」

ドクター・キリコ、初登場。やっぱ、かっこいいわ~。とてもキリコには見えないわ。医者としての使命感に燃えている戦場の軍医って設定が実に美味しい。

アニメを見て、改めて気づいたこととしては、BJ先生がキリコからそのやり方や技術を学んだ。という側面もあるんだなってことで、この世界だと、キリコのほうが年上で先輩だという事実。軍医としての知識も経験もキリコのほうが持ってて、それに比べると、BJ先生は単に医学生だし、まだまだひよっこなのね。その設定がいいなあ。と思った。

なんだか手術の後、二人でお酒飲んで仲良くなっているしね。

あと、藪先生もからめて、いろいろ男たちの世界を構築中。良いですね。

「ヤング ブラック・ジャック」第4話

第4話「ベトナムにて その1」

順調に面白い。ベトナム戦争を描かせると、高橋良輔班の本領発揮という感じがする。戦場カメラマンネタが好きだったみたいだし。

あえて危険な地に飛ぶ間くんだけど、そんなに藪先生が好きなのか~ってあたり、なぜそんなに? どうやって知り合ったの? と、そっちの方に興味が行きますね。

カメラマン役に日本人(ひもとひとし)を持ってきているのが、通好みの設定。

あと、ベトナムのゲリラ兵にバンダカが混じっているのがそれっぽくて良いなあ。と思った。たぶん、これは原作通りなんだと思うけど、この作品は、そういう手塚スターシステムをうまく使っているところが好き。