星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「DEVILMAN crybaby」第10話

第10話「泣き虫」

これにて最終回。

聖書には詳しくないので、サタンが堕天使と同じものだとは知らなかった。しかも、12枚の翼を持ち、両性具有として描かれる。このキャラデザが見事に表現していたので、なんか感心していた。声優さんの読み方もうまくて、確かに、男にも女にも聞こえるよね。

ミーコから渡したバトンが、美樹へ、美樹から明へ、明から了へとつながるのは、彼が最後に涙を流したから、バトンという名の愛を涙で表現したんだろうなあ。と、解釈してみた。相手を失って流す涙こそ、愛なんだって、そういう話。

バトンの部分が、アニメオリジナルなのだろうか? その辺を、機会があったら、原作を読んで確認してみたいと思うけど、さて? 機会があるかな~。

「DEVILMAN crybaby」第9話

第9話「地獄へ堕ちろ、人間ども」

美樹とミーコの葛藤は、引っ張った割に、きれいな女の友情で終わったので、ちょっと肩透かしを食らった気分。もっと何かあるのかと思ったんだけど・・・。

牧村美樹は、きれいな聖女のイメージだし、ミーコもあんまり悪くはえがきたくなかったのだろうか?

その一方で、幸田くんのほうが思いっきり裏切り者になっちゃって、彼を助けた意味があったのかどうか?

まあ、えげつないといえば、殺した死体を首だけでさらし者にする描写とか、気味が悪いんだけど、なんかこう、人間のいやらしさ、意地悪さというのが、あんまり深くは描写されてないような気がするのは、気のせいなのかな? 表面的にはえがかれているけど、なんか足りない気がする。うまく言えないけど。

 子供たちの描写など、まだ人間には救いがあると、そういう風に描くところが、まだまだきれいだよなあ。という感じがするんだ。

「DEVILMAN crybaby」第7、8話

第7話「人間は弱く、悪魔は賢い」

第8話「オレはオレを知らなくてはならない」

悪魔より怖いのは、人間。というネタは、なんだかいろんな作品にあって、疑心暗鬼になった人間たちがお互いに殺戮をし始めるという展開を見ても、そんなに思うところはないんだが、怖かったのは、子供が母親を食べるシーンで、それを父親が目撃しちゃうという展開だろう。

食べながら、泣いている。我慢できなくて、殺して食べちゃって、泣いている。それを指して、彼は人間ではなく、デビルマンになったのだ。といわれても、これは厳しい。こんな状態になったまま、生きながらえることは幸せなのか、よくわからない。助けたほうがいいのか、殺しちゃったほうが本人のためなのか。

ここにきて、飛鳥了が、普通の人間じゃないという話が出てきたけど、そうなの? 悪魔の心を持った人間がいて、それが人間の心を持った悪魔と対決する話だと思っていたんだけど、悪魔と人間以外に、さらに上位種がいるのだろうか? そんなことをしたら、何でもありになっちゃいそうな気もするんだけど。

了には、明を裏切ってほしくなかったんだけどなあ。どんな人間も殺せるけど、明だけは嫌だ。というのを期待していたんだけど。

それとも、了も誰かに、体を乗っ取られたのだろうか? いろいろ考えられるけど、とりあえず、続きを待ちます。

「DEVILMAN crybaby」第6話

第6話「悪魔でも人間でもない」

悪魔にも打ち克つ力を持ったものを、泣き虫設定にしたところが面白いと思った。それだけ優しいから、悲しくて泣いているのか。そんなつもりはなかったのに、自分で殺しておいて、それでも愛していると泣き続けている。そういう少年を、もう一人のデビルマン設定にしてあるところがいいと思う。この彼が、今後、どういう役割を果たすのかは知らないし、原作に、こういう子がいるのかどうかも知らないんだけど。

その彼と対比になる形で、ミーコがいると思うんだけど、ミーコはどうなんだろう? 彼女は、美樹を殺してしまったら、泣くのだろうか? そんな風にはとても見えないんだが・・・。

「DEVILMAN crybaby」第4、5話

第4話「明、来て」

第5話「シレーヌ、君は美しい」

セックスシーンや、残虐シーンをどう描くのかが、アニメとしてのセンスが問われる場面だと思う。いろんな表現があるものだなあ。と思って、感心してました。

シレーヌの話って、こんなだったっけ? とか、明の両親って、こんなだったっけ? とか、全然、記憶にかすらなくて、困っているんだが、それでも、こんな話だといわれれば、そのようにも見えるなあ。ということで、これが全部アニメオリジナルなら、それはそれですごいと思う。なんか確かに、「デビルマン」ってこんな感じだよねえ。という雰囲気は出していると思うので。

「DEVILMAN crybaby」第2、3話

第2話「片手で十分だ」

第3話「オレは撮ったんだ!」

順調に面白い。美樹を追いかけていたカメラマンと、変身を撮られたビデオ、その顛末が、結構、ハラハラさせられました。この展開は、原作通りだったっけ? とぼんやり考えていた。

秘密を知ったものに容赦ない了と、そんな彼のやり方を非難するなにげに心の優しい明の対比がよい。

あと一方で、美樹とその友達の間に、なにかぎくしゃくしたものがありそうで、こっちの女の子たちのドラマも気になるところ。次回を待ちます。

「DEVILMAN crybaby」第1話

第1話「おまえが必要なんだ」

夫がネットフリックスに加入したので、視聴が可能になりました。3か月は無料期間があるので入っているけど、その先はどうするかわからないと脅されたので、大急ぎで見たい作品を選んでます。とりあえず、第一候補がこの作品。ようやく見れた。

原作は、あとから出た文庫版で、途中まで読んだけど、夫が「こんな書き直しバージョンを読んじゃだめだ」と取り上げちゃったので、途中までで終わってます。私が知っているのは、子供のころに見たアニメ、東映バージョンの「デビルマン」ぐらいで、あれは好きだったけど、原作とは全然違うのはわかっているつもり。

今回のアニメ版は、もちろん、昔のテレビアニメとは全然違うけど、原作ともずいぶん変更してあるなあ。と思いました。キャラデザとか物語の雰囲気とか。

エログロシーンにも容赦ない描写が入っているのは、さすがにネット専用アニメだけのことはある。と思った。

セックス描写をメタモルフォーゼでごまかすやり方は、そこはかとなく、手塚治虫風味だなあ、という感じもしたかな。この場合は、もっともっと過激に、グロく描いていたけど。

グニャグニャと動かす感じが、この監督らしい気もする。物語が、原作完結までやるというので、続きを楽しみにしてます。次回を待ちます。