星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「藍より青し」第二十話「癒」

いい話でした。前回はあんまりひどいと思ったのでけなしちゃったけど、今回の話数に力を注いでいたためなのかも知れませんね。よかったよかった。

次回予告でアニマル衣装を着たコスプレ喫茶の模様が映っていたので、それだけで「げ!」と思っちゃって敬遠していたんですが、やっぱ作品は見てみないとわかりませんわ。いつもながらの切ない系の感動ストーリーにちゃんと構成されているじゃないですか。

藍より青し」に関しては、「どうせ和風美人が出てくるだけのいつものハーレムものだろう」という感じで悪口を言う人を掲示板でよく見かけるんですけど、そういうのを見ると「ちゃんと作品を見て言ってるんだろうなあ!!」と憤りを感じるんですよね。
CMなんかもH系の作品のように宣伝されることが多いんで残念なんです。そんなシーンはわずかだし、物語的にはとてもいい話だと思うんだけどな。

「もっと胸を張りなさい。誰にでも出来ることじゃないのですから」
さすがに雅さんは、みんなの状況をよく見ていますね。特に葵ちゃんのこととなると。
自分が笑われて恥ずかしくても、笑顔を見せたことのなかった少女を笑わせることが出来たら、それでいいんです。さりげない一言が胸を打ちます。

ラストシーンで二人をそっと見守る雅さんを見ていて、彼女は本当にいい人だと思いますわ。