読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「翔ぶが如く」第4巻 司馬遼太郎

読書

読書20.「翔ぶが如く」第4巻 司馬遼太郎 文春文庫

江藤新平佐賀の乱と、それに続く征台論について詳しく描く。どちらも学校では習わなかった歴史なので、こんなことがあったんだ~と、成り行きを興味深く読ませてもらいました。明治新政府の混乱ぶりがよくわかるし、反政府運動につながる人間の暴発を押さえるために、四苦八苦している様子が伝わります。大久保さんも大変ですねえ。(殺された人は気の毒だけど)

台湾の歴史が詳しく書かれていたのは勉強になりました。非常に読み応えがあって、面白いです。続きも楽しみです。