読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

ジョン・ラセター監督 「トイ・ストーリー2」

映画11.ジョン・ラセター監督 「トイ・ストーリー2」 (アメリカ・1999)

前作は吹き替えで見たけど、今回は字幕版を見ました。吹き替え版も悪くなかったけど、英語で聞くのもいいなあ。と、改めて思った。声質が似ている人を選んでいるのはわかる。

物語は、前作よりもパワーアップして、おもちゃたちの冒険がスケールアップしたという感じ。前作では、隣の家の乱暴なガキが悪役だったけど、今回は収集マニアが相手だし、連れて行かれたウッディを助けるために、友達がみんなで動くというのも感動的だった。

あと、子どもは成長すると、おもちゃを捨ててしまうんだという捨てられた者たちの悲しみがメインになっているところも良かった。ウッディは、自分の持ち主であるアンディのことが大好きだけれど、アンディだって、いつかは大人になる日が来るわけで、その予感だけ漂わせて、今はまだそのときじゃないから。子どもを喜ばせてこそ、おもちゃなんだと。収集されて、博物館に飾られて、そんなのはおもちゃの役割じゃない。

その収集マニアを日本人設定してあるところも面白かった。東京に行くのよ! って、飛行機に乗せられそうになるところとか、そこからの脱出劇とか。見応えがあって、楽しませてもらいました。なるべく近いうちに3作目も見れたらいいなあ。と思ってます。