読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「うしおととら」第12話

第12話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」

物語の展開はすっかり忘れていたものの、アニメを見ながら、だんだん思い出してくる感じがなんだかすごいね。沼を見た途端、「かっぱが出てくる!」というのが、すっとわかったし、一鬼の登場も懐かしかった。そういえば、いたなあ、こんなキャラ。って。

潮の母親が、こんなに物語のキーになっていたとはすっかり忘れていたけど、やっぱり、男の子にとって、母親の存在は大きいのかね。潮が母親を恋しく思っている気持ちが伝わって、なんだか切ないですよ。自分の母親が、そんなふうにみんなに恨まれているのは、やっぱりショックだろうなあ。と思って、気の毒だ。

白面の者の話も本格的に登場してきたが、潮の母親は、「封印」の役目を負っていたんだっけ? そういえば・・・。だから、「お役目様」と言われるんだったかね、確か。

潮ととらが、本格的に離れ離れになってみたが、「なぜ、潮を助けるのか?」と言われて、悩んでいるとらちゃんがかわいいぜ。自分の想いにまだ気づいていないのか~。それはもう、愛だよ、愛。と、教えてあげたい。次回を待ちます。