読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第4話

第4話「命の値段」

自分たちの力で、できるだけのことをする。と、少年たちは着々と仕事を進めているみたいで。むしろ、頭の固い大人の方が、彼らの妨げになっている構図。特にトドみたいなキャラが用意されていると、やっぱり、なんとなく高橋良輔作品っぽい感じを受けるなあ。と思った。

当面の敵であるギャラルホルンの監査官二人組は、ラインハルトとキルヒアイスか、シャア・アズナブルガルマ・ザビかって組み合わせを連想させるんだけれど、色んな要素を混ぜ込んでいる感じに見えるね。

トウモロコシ畑での偶然の対面は、シャアとララァアムロと出会ったときのことを思い出させる。こちら側は、向こうが敵だって気づいたのに、向こうはまだ気づかない。あるいは、薄々気づいたのか。そういうのは、見ているこちらも緊張して良い感じ。