星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「黒祠の島」 小野不由美

■「黒祠の島」 小野不由美 祥伝社ノンノベル

小説では今年の1冊目。かなり時間がかかったけど、やっと読み終えました。
で、読み終えてつくづく思うこと。「やっぱ、小野不由美は侮れないわ〜」という感慨でしょうか。(^^);

つまりは途中までは、かなり侮っていたんですね。小野不由美をと言うより、本格長編推理というジャンルをです。
私はミステリファンじゃないので、どうにもこのジャンルがよくわからないし、苦手なもので・・。犯人当てとか謎解きとかまったく興味がないから、途中が退屈で仕方がなかった。小野不由美だからと言う理由で買って読んでみたけど、これは失敗だったかな・・と思っていた。特に主人公が謎解きをするために、各登場人物の家々をあたって、アリバイその他の情報を仕入れるための会話ばかりするようになってからは、いくらなんでも会話に不自然さが見えて、小説としてフィクションを楽しむ領域を超えているような気がしたので・・。

つまりはそう思ってしまうところが、私が本格ミステリーというジャンルに関してまったくシロウトだという証拠なのでしょう。

こうして最後まで読み終えてみると、そこにいたるまでの不自然だと思っていた会話のすべてが伏線になって、一本の糸につながって、物語のテーマにちゃんと結びついちゃったのを見届けてしまったので、なんつーか、やっぱり「ごめんなさい。私が悪かったです。侮ってすいません」と謝りたくなってきたのでした。あうう〜。

ただ、犯人こそわからなかったものの、もしかしてこの二人・・? と思っていた部分とラストのオチだけはちゃんと正解だったので、やれやれです。
もう少しちゃんとミステリーの読み方を勉強した方がいいかしら? とつくづく思った次第・・。(^^);