星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「機動戦士ガンダムZZ」第26話

第26話「マサイの心」

これは久々にいい話でした。救いのない形の短編だったけど、そういう報われない話は好みだ。

死んだ男の汚名をすすぐために戦い続ける女性がいた。それに巻き込まれるジュドーたち一行。やっぱ、富野監督は、そういう女の妄執みたいなものにこだわり続けますね。

「あのお姉さん、かわいそうだ」というプルだけど、彼女にも誰にも、そのかわいそうな人を救えない。しんみりしたまま終わってしまう物語でした。

ちょうどこの話数からOPとEDが変更。路線変更はもう始まっていると言うことなのかな?

それにしても、視聴の間があき過ぎちゃったので、何で彼らがアーガマから離れて子供たちだけで旅をしているのか、わからなくなってしまった。前回の話数で何か言っていたっけかな〜? アマゾンの説明に「アクシズに制圧されてしまったダカールを奪還するため、アーガマガンダムチームは二手に分かれ連邦議会の包囲に乗り出す」と書いてあるんだけど・・・全然設定の部分がわかっていないよ。連邦議会って何だ? ってぐらい。
説明をろくに聞いていないから、ついていけなくなるんだな。だから、富野作品は難しい。(><);

次回にはリィナも再登場の予定。楽しみです。

<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000063C0W/seiseikai-22/ref=nosim" target="_blank"><img src="http://rcm-images.amazon.com/images/P/B000063C0W.09.MZZZZZZZ.jpg"></a>

<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000063C0W/seiseikai-22/ref=nosim" target="_blank" class="ausgangsoft">機動戦士ガンダム ZZ 7</a>