星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

原恵一監督「河童のクゥと夏休み」

映画10.原恵一監督「河童のクゥと夏休み」(日本・07)

はっきり言って期待はずれ。もう少し感動できるかと思ったんだけれど、全然ダメだった。テンプレートな展開でもいいから、なんか泣かせて欲しかったんだけどなあ。

いじめの描写をやるのがいかに難しいのか、ちょっと考えさせられた。子供のいじめについて、こういう描き方しかできないのか。と思って、がっかりした。むしろ、康一とクゥの交流をメインに描きたいのであれば、子供同士のいじめの問題なんか物語上邪魔じゃないか? とさえ思う。

犬が死に損だなあ。せっかくの安原義人がもったいない限りで・・・。おっさんとクゥの交流にしても、康一くんとおっさんの交流にしても、あんまり上手く描けていたとは言えないし、なんかとってつけたようなエピソードを入れて、無理矢理泣いてください・・・と言われたようで、ちょっと引いた。何も、殺さなくても良かったのに。

河童の描写は可愛くて良かったと思うが、物語がダメだという気がした。ラストの沖縄のシーンは、蛇足じゃないかな。主人公が泣きながら走っていくところで終わってもいいと思うんだけれど・・・。

そんな感じで不満ばかり出てくる。正直、期待しすぎていたのも確かなんだけどね。ここまでダメだとは思わなかったので、マジでがっかり。

http://www.kappa-coo.com/