星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「ゴールデンカムイ」第16話

第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」

白石さんは、杉元さんを怖がりすぎのような気もするけど、刺青が背中にあれば、いつ殺されてもおかしくない恐怖というのは、あるのかもしれないなあ。と思う。しかし、どこまで逃げても、逃げ切れるものじゃないという気もする。

この間は、夕張にいたのに、今度は旭川か~。北海道内大移動中って感じだ。そんなに簡単な距離じゃないような気もするけど、頑張るなあ。次回を待ちます。

「ゴールデンカムイ」第15話

第15話「昔の話をしよう」

いつの間にか、誰と誰が手を組んだやら、なんだか混乱状態になってきた。とりあえず、杉元さんたちは、土方一味に協力体制で、鶴見少佐はそれを追いかけているし、一方で、谷垣さんは、怪しげな狐の占い師と一緒にいる。アイヌの男の子付きで。3組に分かれている状況だと思えばいいのかな?

そんな単純じゃないか??

ティム・ミラー監督 「ターミネーター ニュー・フェイト」

映画15.ティム・ミラー監督 「ターミネーター ニュー・フェイト」(2019・アメリカ)

109シネマズ湘南にて視聴。「ターミネーター」シリーズは、1作目と2作目のみを視聴。その先は、知りません。今回は、2作目の続編だと聞いて見に行ったけど、面白かったです。

主役クラスのメンバーのほとんどが女性で、未来におけるレジスタンスのリーダーすら今回は女性というあたりが、今っぽいのかな? と思いました。

ダニーとグレースという、二人の女性の時を超えた友情がよかった。どちらも強くてかっこいい。

すっかりおばあちゃんになっちゃったサラ・コナーもアクション満載で活躍するし、かっこよかった。むしろ、シュワちゃんがおまけサービスで。ターミネーターが、人間と同じように年を取るってのは、ありなのか? とも思ったけど、じいちゃんになったシュワちゃんもよかったので、満足。

「ゴールデンカムイ」第13話

第13話「江渡貝くん」

ここから第二期開始だけど、リアルタイムで見ていた人たちは、のっけからこれじゃのけぞったんじゃないかというか、大喜びしたんじゃないかというか、これでこそ、「ゴールデンカムイ」だよなあ。と感じさせる、江渡貝くんの登場でした。そのぐらい強烈なキャラだったけど、本当に受けたのは、そんな彼を見ても、非常に冷静に状況を見極め、彼にとって適切な励ましの言葉を与える鶴見中尉のカッコよさというか、そっちだろうという気がする。(少なくとも、私はそうだ。)大塚芳忠さんの渋い声が非常に良い。

「ゴールデンカムイ」第12話

第12話「誑かす狐」

札幌競馬場というのは、有名だけど、こんなに昔からあったのか~と、ちょっとびっくりした。まあ、なんにせよ、かけ事はよくないね。

狐の頭骨での占いというのは、本当にアイヌに伝わっているのか、作者のでっち上げなのか、それが気になる。いかにももっともらしいので・・・。

「ゴールデンカムイ」第11話

第11話「殺人ホテルだよ 全員集合!!」

全員集合!! と、サブタイトルがついていたので、本当にメインキャラが全員同じホテルに泊まるのかと思っていた。そうでもなかったのね。すれ違いなのは、杉元一味と牛山さんだけ。杉元さんと牛山さんに今まで接点がなかったのが、なんか意外。同じ作品の中にずっといると、みんな知り合いに思えちゃうというか。

しかしまあ、複雑な構造のホテルみたいだから、こういうのは、設定の段階で、漫画家やアニメ制作者の中には、見取り図があったりするのだろうか? ちゃんと作っておかないと矛盾が出るだろうし。出てもいいのかな?