星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」第5話

第5話「願望」

とりあえず、イザナもツムギも無事に助かってよかった。その辺、戦いはちょっと小休止という感じですね。ツムギに居住区を見せたいために、わざわざ危険な通路を行く長道とイザナ君だけど、これ、一歩間違えば死んでますよ。危ないったらないよ。

「魔少年ビーティー」 荒木飛呂彦

コミック1.「魔少年ビーティー」 荒木飛呂彦 集英社文庫

荒木飛呂彦の最初の連載作品だそうで、主人公の名前が公一君であるあたり、「ジョジョ」第4部の原型はここにあるのかな~? と思った。公一君によるビーティーの紹介という方式で、物語はつづられるが、その分、ビーティーが何を考えているのかわからない部分で、不気味な感触が残っている。

ビーティーが公一君だけを気に入った理由として、「君一人だけが僕を助けようとしてくれた。ほかのやつは、ただ黙ってみていただけだったが・・・」「君は信用できる人間だ」というセリフが入っているのがいいなあ。と思った。

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」第4話

第4話「激昂」

つむぎは、生まれたばかりの小さい女の子で、しかも、人間の遺伝子も使っているというから、そんな姿で生まれてしまった彼女は、さすがにかわいそうという気分になる。そんな彼女が、友達を守ろうと必死になっている姿がけなげで、気の毒。

融合個体を作っておいたおかげで、シドニアは危機を免れたけど、これはもう、間に合ってよかったね。としか言えない。人類、絶滅してても、おかしくない状況なんじゃないかと・・。

なんともまあ、綱渡り状態で、見ていて、ハラハラしますが、作品としてはそこがいいんだろうなあ。とも思います。イザナも負傷しちゃったし、どうなるんだろう? と思いながら、次回を待ちます。

 

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」第3話

第3話「針路」

エナ星白の姿がちらっと出てきたけど、説明をよく聞く限り、エナ星白に人間の子をはらませたのがツムギだという。声が同じだからと言って、エナ星白がツムギに変身したわけじゃないらしい。そこら辺をなんか勘違いしていた。どっちにしろ、気味の悪い研究で、趣味が悪いな、と思う。私も融合個体反対! の列に加わりたい。

虫に体を乗っ取られたくなとさんが、あっさりと、小林艦長の下にいるけど、小林艦長自身は、それを知ってか知らずか。

いつか、長道とは袂を分かつだろう、みたいなセリフも前にあったし、意外と、この人と、最後に戦ったりするのだろうか? でも、そしたら、シドニアを動かす人がいなくなっちゃうんじゃないのか? どうするんだろうね? とりあえず、続きを待ちます。

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」第1、2話

第1話「葛藤」

第2話「能力」

眼球から、虫のようなものが入り込んで、体を乗っ取っていく。というネタは、SFではありがちかもしれないけど、気持ち悪いし、怖かった。

そうやって、体を乗っ取られた人が、エナ星白を使って、新たに、人類とガウナの融合体を作ったのなら、もはや、その連中もガウナ側なのではないかと思うが、どうなんだろう?

どうやら、落合さんは、マッドサイエンティストだったっぽいけど、その人がそもそも、研究の挙句、乗っ取られていた可能性もあるよね。

そんな疑いを向けていけば、艦長はどうなのか? とか気になるけど、星白を基にした融合体が、長道になついているのを見ると、それは希望になるのかという気もする。

しかし、あの、その彼女からにょろにょろしたのが伸びてきたのはいいけど、その形がちょっと恥ずかしすぎるのは、メモっておいたほうがいいのか? と思った。記録として・・・。

「雪と珊瑚と」  梨木香歩

読書2.「雪と珊瑚と」  梨木香歩 角川文庫

新生児を抱えたシングルマザーが、「赤ちゃん、預かります」の張り紙を見つけて、そこから始まる奮闘記というか、自力でカフェを始めていく物語で、この手の物語を見て感じる、「そんなにうまくいくわけないよね」「こんなに都合よく、いい人ばかり現れるわけない」という感想は当然出てくるものの、自然野菜を使った料理の作り方、そういう野菜の育て方、山菜の植生などの説明は、この作家の得意分野だと思うし、仮に、こういうカフェを作るとしたら、どういう手順が必要なのか、どういう課題が出てくるのかという、シミュレーションにはなっていると思う。

あと、この主人公自身が、育児放棄の被害者であり、虐待されていた子供だというテーマが入って、母親と娘の物語としても読めるということがポイントか。

主人公が、保証人を選ぶ際に、誰に頭を下げるかという、プライドの問題。人が、施すとき、施される時に感じる、それをどうクリアしていくかというテーマも、結構、こちらの実感として読めたと思う。

「<満州>の歴史」  小林英夫

読書1.「<満州>の歴史」  小林英夫 講談社現代新書

岩波新書よりは読みやすかったので、何とか読み切ったけど、やっぱり、あんまり頭に入った感じはしない。覚えたのは、五族協和の理想と、石原莞爾の名前だけかもしれない。