星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

静野孔文、瀬下寛之監督 「GODZILLA 星を喰う者」

映画24.静野孔文瀬下寛之監督 「GODZILLA 星を喰う者」 (日本・2018)

3部作の最終章。1と2が面白かったから、楽しみにしていたんだけれど、結果としては微妙だったな。以下、ネタバレ少しありますので、気にする人は注意。

 

私はたぶん、メトフィエスさんに悪役になってほしくなかったんだろうと思う。

ただ、最初から怪しかったのは間違いなくて、宗教者だし、みんなを洗脳していく流れになるのは物語としては正しい方向だろう。しかし、宗教が絡んでくると、メトフィエスがしゃべるだけで、なんとなく気持ちが悪い。しかも、それが結構、長く続くから。

よかったと思うのは、梶裕貴の狂信者の演技かな? 雰囲気が出ていて似合っているんだもの。

地球が進化の最終段階として、ゴジラを生み出し、それが異界からくる神であるギドラのエサになる。というのは、どこかのSFで、見たような設定かな? という気もしたけど、そのまま食べられちゃってたら、どうなっていたのかな? とも思う。

その位置づけだと、モスラはどういう役割を果たしていたのか? あるいは、この作品って、モスラ大勝利なんだろうか??

そういう謎の部分、あるいは小説を読めば、解消されるのかな? という気がしないでもない。けど、小説までは手が出ないかな~。

この映画単体としては、あんまりおもしろくなかったなあ。という印象だったけど、3部作だと思えば、全体的には楽しめたと思う。まあ、こんなもんでしょ? て感じ。

「ヒルダの冒険」第4話

第4話「スカウトの活動」

ヒルダに友達ができた。最初は、バッジばかり自慢しているから、あんまり感じがよくないかな? と思ったけど、みんなで一緒に問題を解決すると、ちゃんと仲間意識も芽生える。「こういうバッジが必要だよね」「そんなバッジはないのよ」「なければ作ればいいのよ」という会話が素敵。

バッジ習得にこだわる子供たちへの問題提起というか、バッジ制度への問題提起というか。自分たちで作っちゃえ! という子供たちの自由さが、いいなあ。と思いました。

それと、塀で囲みさえすれば、トロールは入ってこれない・・・はずだったのに、地下はみんなつながっているし、そこに自由に生きている不思議人たちもいる。

玉ねぎ姿のキャラがかわいい。(名前を失念)。いいように人間を翻弄するのが気持ちいいくらい。なんにせよ、すてきなファンタジーワールドです。

「ヒルダの冒険」第3話

第3話「バードパレード」

記憶を失って飛べなくなったカラスが、めちゃ、かわいい!! 目をキョロっとさせてる表情がいいよね。

あと、今回は、ママとヒルダのきずなが見れて、非常によかった。最初は、ファンタジー世界に対して物分かりの悪い、厳しいお母さんかな? と思っていたけど、ラストまで来る頃には、それが間違いだったと気づいた。ママは、ただ、娘を心配していただけなのね。このママにして、この娘ありの、大活躍を見せられて、ママもかつては、ヒルダみたいな活発な女の子だったのかもしれないなあ。と思わせられた、その演出がよい。

ママにとっては、この町が、子供時代を過ごした自分の故郷で、娘にもこの町を好きになってもらいたいという気持ちがあったのかもしれないなあ。とわかったので、そういうところがいい感じ。

あと、日本語吹き替え版を見ているけど、この作品は、声優さんの配置が非常に良い。ヒルダの声もかわいいし、ママも、実にママしている声で、ぴたりと合っていて、素晴らしい。ウッドマンもアルファーも、みんないい声。すてきです。

「ヒルダの冒険」第2話

第2話「真夜中に見たものは」

「ドラゴン王子」を最終回まで見終えたので、視聴再開。とはいえ、これって、第1話と第2話が対になっていたのね。と、ようやく気付いた。

第1話が小人の話で、第2話が巨人の話。自分たちが小人の立場になって初めて、巨人に脅かされる彼らの苦労もわかったし、これじゃ無理は言えないと。

あんなに強硬にここにずっと住んでいたいと言っていたヒルダが、引っ越しを決意して、新しい街に行くまでの物語で、ここまでがプロローグだったと思っていいのかな?

相変わらず、ファンタジーとしてのビジュアルの素晴らしさは、感動もので、空を飛ぶ謎のモフモフ。巨人の造形も独特で、センスがあって、とてもよかった。すてきなファンタジーで、気に入ってます。続きもすごく楽しみです。

「ドラゴン王子」第9話

第9話「魔法のあらし」

これにて、物語の第1章は、終わりを迎えた。って感じかな? 最終回といえば、確かにそんな雰囲気は出ている。まだまだ彼らの旅は続くけど、一つの山場を越えたんだって感じ。

以下、ネタバレ全開で書くけど。

 

エズランが動物と会話できる能力を持っていて、それをカラムは、信じようとしなかった。一度、信じたせいで、手ひどい目にあったから。この兄弟に、そんな確執があったとは知らなかったな。

ドラゴンの卵を助けるためには、たまごをふ化させるしかない。そのためには、あらしが必要と聞いて、今まで大事に持っていた魔力を封印してある球体(名前を失念)をカラムが自ら破壊する決意をしたところがなかなか感動的だった。

「自分が何をなすべきかわかった」

だって、それ、魔力の源で、それがあるから、自分は魔力をつかえるんだって。それがないと、ただの役立たずだって、あんなに言っていたのに、土壇場になると、ちゃんとそれを捨てる勇気があるんだってあたりに、カラム、いい子だなあ。と思った。

あと、あらしの中、傷ついた左手で、必死に卵を守ろうとしたレイラの姿もよかった。彼女があれだけ必死に守らなきゃ、たまごは死んでいたかもしれない。

それだけの見せ場を作ったうえで、卵が孵化して、ドラゴンの赤ちゃんが誕生する。みんなで必死に守ったんだもんね。レイラを苦しめていた封印も解かれて、これで左腕は治るだろうし、よかったよかったと素直に思うことができました。

彼らを追ってくるソーレンとクラウディアは、追跡の魔法を完成させたし、まだまだこれから困難が続くだろうと予測されるけど、そういう予感もはらませながら、次のシーズンをお待ちください。で、終わった感じ。ああ、なんて憎らしい。ネトフリに入らないと、続きは見れませんよ? という。

まあ、ここまで見れれば、満足ですよ。またいつか、機会があったら、続きも見たいなあ。と思います。いい作品を見れたと思います。よかったです。

「ドラゴン王子」第8話

第8話「のろわれたカルデラ

カラムとレイラは、どっちもすごい能力を持っている割に、自信なさそうなところが魅力なんだと思う。やればできる子なんだけど、自分はどうせだめだ・・・とどこかで思っている。二人とも、そんな感じだから、お互いの気持ちがよくわかるのかもしれないな。と思った。

のろわれたカルデラで、巨大吸血ヒルに襲われた一行。怪物を倒すまでの過程が、なかなか迫力で見ごたえがありました。よかったです。

「ドラゴン王子」第7話

第7話「短刀とオオカミ」

なかなか波乱万丈な旅を続けていて、ちゃんと冒険物語になっているところが好印象。川下りで滝に落ちたり、雪山では雪崩にあったし、凍った池ではしっかり落ちるし。いろいろあるよね。

ドラゴンの卵を水に落としてしまったせいで、光が弱まっている。死にかけた卵を救うために、魔物が巣くうという呪われたカルデラへ。さて、どうなる? というあたり、とにかく、引っ張りがうまいんだわ。

城からは、追手が向かっているし、王子たちを殺せという密命を受けたソーレンだけど、彼にそんなことができそうにないし、クラウディアともども、仲間になったりしないかな? とちょっと期待している。

9話までしか見れないことが、返す返す残念ですよ。もっと、彼らの旅に付き合っていきたいんだけど・・・。