星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第43話

第43話「たどりついた真意」

マクギリスは、せっせとギャラルホルン創設者の本を読んでいたみたいだったが、まさかその魂が宿るといわれるモビルスーツに乗って、それを錦の御旗にするとは思わなかった。大体、本当に魂が宿っているのか? そんな話をみんな信じているのか? 効力として、本当に役に立つのか? 気違いが一人でさわいでいるだけだと思われなきゃいいけど。というか、そういう風に見える。

そんな人に、ついていくことにした鉄華団は、一緒に共倒れになりそうだし、仮面を取ってガエリオに戻ったヴィダールのほうがまともに見えるような気がしないでもない。こっちもこっちで、どっちもどっちという気もしないでもないが。

しかしまあ、ガエリオって、本当にアインのことが好きだよね。と思って、そこだけは、ちょっとほっこりした。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第42話

第42話「落とし前」

やっぱ、ラフタが殺されたのは、鉄華団への挑発だったのか。しかし、そんな理由で、人殺しをしないでほしいと思うよ。普通に買い物をしている女の子を撃ち殺すなんて。

今回は、怒りに燃えた鉄華団が、ジャスレイに復讐をする話。これはまあ、仕方がない。この期に及んでジャスレイが助かったら、それこそ、視聴者みんなの怒りが爆発しそうだよね。

残るは、イオク様だが、全く姿を見せない演出が面白かった。何があったのかな?

あと、マクギリスの革命がそろそろスタートしたみたいだけれど、どうも彼のやっていることもうさん臭くて、この人について行っていいのかな?? という気分が残る。大丈夫なのかと心配になるんだけど・・・。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第41話

第41話「人として当たり前の」

ラフタが死んでしまった!! えええええええええっ!! これはもう、完全にフェイントで、まさかと思った。彼女は、素直にアキヒロとくっつくものだと思っていたんだが、それもせずに、まさか殺されるとは。しかも、こんな残酷なやり方で。

それでいて、私は、なぜ、彼女が殺されなきゃならなかったのかがちっともわからない。え? なんで? 名瀬さんが殺されるのはわかるとしても、ラフタはなんで??

鉄華団を怒らせて、誘い出すためなんだろうか? それにしても、ラフタ、え? 殺さなくてもいいんじゃないか? なんで? という感じで、ぐるんぐるんしてます。

クロード・バラス監督「ぼくの名前はズッキーニ」

映画3.クロード・バラス監督「ぼくの名前はズッキーニ」(2016・スイス、フランス)

109シネマズ川崎にて2D字幕版を視聴。思いのほか、まじめな社会問題を扱った物語で、全体的に重くて暗い。見ていて楽しい作品でもないので、他人に勧めるにはためらわれるレベル。アニメだから、もっと楽しく、ファンタジックな要素もあるのかと思っていたけど、そうでもない。

むしろ、逆で、あまりに孤児たちの置かれた状況が悲惨すぎて、アニメでないとつらすぎるというか、実写だと逆に描きづらいということなのかもしれない。アニメだからこそ、重すぎるテーマも軽く、やんわりと受け止めることができるというか。

救いがあるとしたら、子供たちをちゃんと受け入れてくれる大人も存在するということで、基本的にはハッピーエンドを迎えることができたということかな。短いさらりとした映画でした。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第39、40話

第39話「助言」

第40話「燃ゆる太陽に照らされて」

名瀬さんが死んでしまった! 昔語りとか始めたから、死亡フラグに見えたけど、この作品の死亡フラグはフェイントの可能性もあるからな、タカキくんの例もあるし・・・と、甘く見ていた。

この場合は、イオク様が悪いね。この人ばかりをバカに描くのはどうかと思って、どこか同情的だったけど、名瀬さんを殺しちゃった以上、情状酌量の余地なしだな。

「小玉ユキよみきり集 宝石箱」 小玉ユキ

コミック4.「小玉ユキよみきり集 宝石箱」 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ

今まで単行本に入らなかった初期の短編作品を集めた…ということだったが、その分、統一感のない短編集で、宝石箱というのはさすがに図々しい。どちらかといえば、いろいろ混ざったごった煮という感じ。

あんまり気に入った作品がなかったので困ったけど、しいて挙げるなら、「キテレツな彼のこと」が一番よかったかな。高校生になったみよちゃんとキテレツくんの話だが、こんな同人誌みたいなパロディ作品が、堂々と小学館のフラワーコミックスに収録されているなんて、時代は変わったものだなあ。と思った。

「ちいさこの庭」 小玉ユキ

コミック3.「ちいさこの庭」 小玉ユキ 小学館フラワーコミックスアルファ

小玉ユキ版「コロボックル物語」という感じ。長い時間を生きている小人と彼らと触れ合った人間の物語。きれいな短編集という感じでよかったです。