星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

アニメ

「ヴィンランド・サガ」第12話

第12話「対岸の国」 ウェールズ地方の名前は聞いたことがあったんだけど、具体的にどんな場所でどのあたりに位置しているのかは知らなかったので、勉強になりました。イングランド王が統一しそこねている地域で、今は小国が乱立しているという。 アーサー…

「ヴィンランド・サガ」第11話

第11話「賭け」 立派に戦って、立派に死ねば、ヴァルハラへと行ける。戦い方が問題。という思想なのか。「ヴァルハラで会おう!」と言うセリフは色んな作品で聞いたことがあったんだけど、そういう意味なんだね。バイキングが強いのは、その思想を信じてい…

「ヴィンランド・サガ」第10話

第10話「ラグナロク」 終末思想は日本にもあったけど、だいたい、同じ時期だと思っていいのかな? ヨーロッパの歴史がわからない。ローマ人をサクソン人が滅ぼし、サクソン人の作ったイングランドをデンマーク軍が滅ぼすという。その流れで合っているの?…

「ヴィンランド・サガ」第9話

第9話「ロンドン橋の死闘」 実際に、ロンドン橋でデンマーク軍とイングランド軍が戦ったというのは史実なんだろうか? デンマーク王の息子がそこに配置されたというのも、あながち適当に描いたとは思えないし。 さすがにトルケルの存在は、史実ではないだろ…

「ヴィンランド・サガ」第8話

第8話「海の果ての果て」 アシェラッドは、決闘の約束をちゃんと守ったんだなあ。と思った。前回で約束しているのに、あとにしてくれ。とばかりに保留にしたから、そのまま投げっぱなしにするのかと思ったら、そうでもなくて。 ちゃんとトルフィンの成長ぶ…

「ヴィンランド・サガ」第7話

第7話「北人」 アシェラッドが子供を育てると、人殺しの技ばかり教えてしまうんだな。と思った。あれから、どのくらいの年月が経ったのか、トルフィンも声変わりしたみたいだし。 アシェラッドに復讐することばかり考えて、日を追ったんだろうなあ。という…

「ヴィンランド・サガ」第6話

第6話「旅の始まり」 バイキングってのは、デンマーク人だったのか。北欧のイメージはあったんだけど、フィンランドとかノルウェーとかそっちだと思っていた。いまいち、デンマークのヨーロッパでの位置はよくわかってませんが。 バイキングがイングランド…

「ヴィンランド・サガ」第5話

第5話「戦鬼の子」 アシェラッドとトルフィンの関係が、猿田彦とナギに見えて、これって、「火の鳥 黎明編」をやりたいのかな? と思った。 無駄にキャラが立っているトルフィンの姉が、結婚をほのめかしていたので、彼女にニニギみたいな役割の恋人ができ…

「ヴィンランド・サガ」第4話

第4話「本当の戦士」 父上、圧倒的に強いなあ。かっこいいなあ。すごいなあ。と、感心しながら見ていたが、やっぱり、こうなっちゃうか。あまりにかっこよすぎるので、長生きしないんじゃないかとは思っていたが。 主人公の顔が変わるのは、そのあたりの憎…

「ヴィンランド・サガ」第3話

第3話「戦鬼」 新キャラで、また癖のあるおっちゃんが登場してきたが、この人が、父親を殺すのか? 殺したうえで、主人公を育てるのだろうか? と、夢想してみたけど、どうだろう? 何にせよ、味方になりそうな感じはする。 主人公が船に勝手に乗り込むのは…

「ヴィンランド・サガ」第2話

第2話「剣」 順調に面白いんだけど、ヨーロッパの歴史の知識が足りなくて、どことどこがどう戦っているのかよくわからない。 バイキングって、イングランドにもいたの? というレベルで。どういう理由で敵対しているんだろうなあ? それにデンマークがどう…

「ヴィンランド・サガ」第1話

第1話「ここではないどこか」 原作は未読。ヴィンランドっていうのは、フィンランドのことだと思っていたんだけど、微妙に違うのだろうか? 北欧の位置関係がよくわからない。 レイフ・エリクソンの名前も知っていたんだけど、アメリカ大陸に渡った人の名前…

「宇宙船サジタリウス」第77話

第77話「別人? 記憶喪失? うりふたつのトッピー」 記憶喪失になって、酒場でやさぐれているトッピーは、あまりに素晴らしかったので、このネタをやるなら、もっと早く、もっと長く、じっくりとやってほしかった。やさぐれトッピーをもっと楽しませてほし…

「宇宙船サジタリウス」第76話

第76話「暗黒の宇宙へ一人で消えたトッピー」 こういう作業用ポッドの中に閉じ込められたまま、一人で深宇宙の中に放り出されてしまう。っていうのは、一番嫌な死に方で、怖い。 しかし、この世界の宇宙って、宇宙船がジャカジャカ飛び交っているみたいな…

「宇宙船サジタリウス」第75話

第75話「便利舎解散! 全員ばらばらトラバーユ」 ようやく物語がまとめに入ったみたいで。とはいえ、今までだって、危険を一緒に乗り越えてきた仲間たちが、今回に限って、悪いのはトッピーだ! と、彼を見捨てる発言をし始めたのは、なんかちがうというか…

「宇宙船サジタリウス」第74話

第74話「いちかばちか! トッピー遂に死の輸送便」 みんなでチンドン屋まがいのことまで始めて、ビラ配りをし、仕事を取ろうと必死になっている姿が痛々しい。 二人目の子供ができて、焦っているのはわかるとしても。 死を覚悟する仕事を取ってきて、みん…

「宇宙船サジタリウス」第73話

第73話「生きぬけ! がんばれ! カメの赤ちゃん」 田中真弓さんのキャラがいいとこ取りだったな。と思った。そうでもしないと、確かに、この場合、誰も助からないんだけど。

「宇宙船サジタリウス」第72話

第72話「第七惑星は天国れずか地獄れずか?」 山田栄子さん声の少年が出てきたのは嬉しかったけど、この少年、とんでもないな。ということに気づいて、ちょっとがっかりしている。 階級制の身分差別の問題をやりたかったのかと思いきや、少年たちがサジタ…

「宇宙船サジタリウス」第71話

第71話「えっ! ハイジャック犯人はC級の少年」 階級制度のある星に到着。のはいいけど、貧乏ネタはもう聞き飽きた。という気分になってきた。 山田栄子さんが少年役で登場してきてくれたのは嬉しい。

「宇宙船サジタリウス」第70話

第70話「心をまどわす秘宝の恐ろしい輝き」 こんなに爽やかに終わっていいのだろうか? 見ていて、クレジットカードの支払が怖い。まだ現金が入っていない状態で、買い物三昧するなんて、信じられない。そんな恐ろしい話はないわ。と思ってしまった。

「宇宙船サジタリウス」第69話

第69話「俺達はぜい沢ざんまい大金持ち」 無事にブラックホールから抜け出られたようだし、宝石も手に入って、まるで最終回のようなハッピーエンドかと思いきや、予告を見ると、そうでもないらしいし。 宝石の所有者の話をし始めたトッピーは真面目だなあ…

「宇宙船サジタリウス」第68話

第68話「やったぁ! 宇宙一の宝石を発見」 状況が最悪で、絶望的になって、みんなで酔っ払って、「スターダストボーイズ」を歌うのが良かった。♪どこから見ても、スーパーマンじゃない。スペースオペラの主役になれない。って、声優さん4人で合唱は貴重。

「宇宙船サジタリウス」第67話

第67話「札束で防げ! カニロボットの襲撃」 ラナの活躍が嬉しい。あと、ラストに宇宙船が大量に降りてくるところが良かった。

「宇宙船サジタリウス」第66話

第66話「トッピーを見殺しにしたトライ少佐」 珍しく傷ついて、苦しんでいるトッピーに萌え。ラナが助けに来るのもポイント高い。

「宇宙船サジタリウス」第65話

第65話「3人の奇妙な乗客と死の星へ不時着!?」 一癖も二癖もありそうな謎の乗客を乗せて、サジタリウス号は地球へ向かう。素性もわからない、何かを隠しているっぽい怪しげな客たち。というのは、なんか、映画か何かに元ネタがありそうだなあ。と思った…

「宇宙船サジタリウス」第64話

第64話「ゴゼット教師遂に国王となる!」 女王をだまくらかした優男も、自分の奥さんだけは怖かった。という流れは、なんか、お茶の間の奥さんたち向けのサービスっぽい。結局、痴話喧嘩のノリで終わるのか。という。

「宇宙船サジタリウス」第63話

第63話「女王をもてあそぶゴゼット教師の陰謀」 美人じゃない女王様。男に優しくされた経験があんまりなさそうなので、彼女に甘い言葉をささやき、騙していく男のずるさが、なんか生々しく感じた。 この場合は犯人がわかっているので、こいつさえ倒せば、…

「宇宙船サジタリウス」第62話

第62話「国境の壁になったサジタリウス号」 西と東で国が分かれている場所に不時着してしまったサジタリウス号。またしても、危機の連続だけど、なんだか、見ていて、だんだん疲れてきた。

「宇宙船サジタリウス」第61話

第61話「アッと驚く怪物デルダンの意外な正体」 恐れる心こそが怪物を作り出すという善悪逆転劇。被害者はどちらの方だったのかと考えさせられる。 あと、扇動されて動き出した民衆を止めるのは難しいという話も同時にしてきたのは好印象。

「宇宙船サジタリウス」第60話

第60話「ラナ怪物退治の神になる」 郷に入っては郷に従え・・・という言葉のほうが正しいと思うので、現地の人々の信仰や儀式を邪魔したり、祭壇や遺跡を破壊するのは、地球人のおごりだと思ってしまった。ので、ラナのやり方には、賛同できない。 相手を…