星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「フルーツバスケット The Final」第3話

第3話「降ればいいのに」 何度も繰り返すようだが、やっぱり、親ばかりが一方的に悪い。という物語にはついていけないなあ。と思う。意外と、それでも、10代ぐらいの子だと、これが生々しく思えるのだろうか? 「仰げば尊し」の歌が懐かしかった。何年ぶ…

「フルーツバスケット The Final」第2話

第2話「それこそが、揺るぎない事実」 この作品を声優で見るとしたら、一番すごいのは、狂人めいた暁人さんを演じている坂本真綾だと思うけど、次にすごいのは、紫呉さんの底の見えないとぼけた演技をやってのけている中村悠一だと思う。

「フルーツバスケット The Final」第1話

第1話「また宴を開こう」 そんな草摩の最大の秘密とやらを、透ちゃんなんかにペラペラ喋っていいんですか? と、ツッコみたくなった。 で、また悪いのは母親かよ~。と思って、ちょっとうんざりしている。子供を虐待する母親というのは実在するにせよ、この…

「フルーツバスケット 2nd season」第25話

第25話「・・・俺は、もう違うんだ」 呪いが解けるも何も、呪いがどういう仕組みなのかもわからないし、神様と十二支の絆がどうこうという話を大真面目に言われても、ついていけないんだけど。あいかわらず、坂本真綾のキチガイ演技だけは、本当に素晴らし…

「フルーツバスケット 2nd season」第24話

第24話「真知がいた」 なんにせよ、キャラクターの言動がおかしい。ギャグなのかシリアスなのかもよくわからない。変な人ばかりで、どうにもこのノリについていけない・・・。

「フルーツバスケット 2nd season」第23話

第23話「シンデレラっぽいもの!」 今回はまあ、わりと普通に物語が進んだので、ちょっとだけ安心して見れた。とはいえ、ものすごく展開が早くて、無理やり詰め込んだなあ。という感じは否めない。 物語的には、なんとなく見えたのは、由希くんにも、透ち…

「フルーツバスケット 2nd season」第22話

第22話「俺は、嫌なんだ!」 なんだかいくら聞いても、会話が支離滅裂に感じて、これを感情を込めて読み上げる声優さんの力量に感心するというか、声優さんも大変だなあ。と、同情するというか。 長々と語られる由希くんの独白は、もはや、ポエムのレベル…

「フルーツバスケット 2nd season」第21話

第21話「あったんだ。確かに」 ・・・なんかもう、ひどい話としか言いようがなくて、こんな物語を作っている作者の神経を疑う。見ているこっちがめげる。この話が最終的にどうなったのかだけが知りたくて、見ているが、義務で見ているだけという感じはする…

「フルーツバスケット 2nd season」第20話

第20話「大丈夫ですか」 生徒会メンバーが、全員うざい。特にチャラ男が一番ひどい。

「フルーツバスケット 2nd season」第19話

第19話「無いんだ、どこにもっ!」 これで原作準拠なのだとしたら、原作が相当変な作品ということになるし、そのへんな作品を名作アニメに仕立て上げた昔のアニメ版のスタッフが、よほど有能だったんだろうなあ。と思う。 その一方で、名作だと思っていた…

「アトム ザ・ビギニング」第16巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック15.「アトム ザ・ビギニング」第16巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 「鉄腕アトム」の青騎士編には詳しくないのだけど、(読んだはずだが、覚えてないので)青騎士が、人間…

「フルーツバスケット 2nd season」第18話

第18話「キスしよっか」 児童虐待のテーマを十二支の呪いという形で表現しているのかな? と、難しいことを考えてみたが、それにしても、キャラクターの描き方が安っぽく、感情移入できない。 これはもう、あんまり深く考えずに、坂本真綾の悪役演技がかっ…

「アトム ザ・ビギニング」第15巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック14.「アトム ザ・ビギニング」第15巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 開発者にも制御できないロボットの怖さ。というものが、再三、テーマとして登場してくる所が良いと思う…

「フルーツバスケット 2nd season」第16、17話

第16話「だからつたえて」 第17話「あります、きっと・・・」 シナリオが壊れている泣きゲーを見せられているような感じがするんだけど、そういうふうにわざと作ったのだろうか? 突っ込みどころが多すぎて、物語も変だし、キャラにも思い入れできないし…

「アトム ザ・ビギニング」第12~14巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック11.「アトム ザ・ビギニング」第12巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス コミック12.「アトム ザ・ビギニング」第13巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫…

「フルーツバスケット 2nd season」第15話

第15話「・・・行ってきます」 あるいは、10代の女の子なら、これを見て、なんか来るものがあるのだろうか? とも思ってみたんだけど、私が見ると、母親目線になってしまうので、母親を一方的に悪く書きすぎだろ? という感じがして、あんまりリアリティ…

「アトム ザ・ビギニング」第11巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック10.「アトム ザ・ビギニング」第11巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス 自我を持ち、対話を試みるAIの進化・・・という流れを見てくると、そうやって感化されていったロボッ…

「フルーツバスケット 2nd season」第13、14話

第13話「いいっスよー」 第14話「俺もう死んだっていいや・・・」 海辺の別荘へ行っていた期間が長すぎて、生徒会メンバーのことなんてすっかり忘れていた。ああ、こんなキャラいたねえ。そういえば。程度の認識で、これから、由希くんと生徒会の話が始…

藤田春香監督 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形」

映画3.藤田春香監督 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形」(2019・日本) ネタバレになるのかな? ラストがどうしても納得行かなくて。 姉妹(正確には姉妹じゃないけど)が再会しないで終わるってのは、どう見たって、変だろ?…

「アトム ザ・ビギニング」第9、10巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック8.「アトム ザ・ビギニング」第9巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス コミック9.「アトム ザ・ビギニング」第10巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:…

「フルーツバスケット 2nd season」第12話

第12話「俺の代わりに君が泣いた」 繭子先生が、何らかの形で草摩家に関わっているのは知っていたが、その事情がようやく明らかになる。 はとりさんの元恋人の親友で、三角関係だったという過去話で、そんなに引っ張るほどの話でもなかったか。こういう恋…

「北の海」下巻 井上靖

読書1.「北の海」下巻 井上靖 新潮文庫 「しろばんば」から始まる井上靖氏の自伝的三部作、これにて完結。正直、もっとずっと読んでいたかった。洪作くんがいよいよ台湾に旅立ったところで終了したが、両親の元へ行ったところで、ちゃんと受験勉強できたのか…

「アトム ザ・ビギニング」第7、8巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック6.「アトム ザ・ビギニング」第7巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス コミック7.「アトム ザ・ビギニング」第8巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カ…

「フルーツバスケット 2nd season」第10、11話

第10話「あなたは・・・「誰」ですか?」 第11話「私だけのものだよ」 十二支のみんなが、不幸な状況にあるのはわかるとして、こんな状況を作ったのは作者だろ? 的な、なんか、作者に対して、怒りを感じるようになった。色々とひどい話で。

「アトム ザ・ビギニング」第6巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック5.「アトム ザ・ビギニング」第6巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス ブレムナー博士、かっこいいなあ。 星江がウマタロウに恋心をいだいたことが伏線なら、後々、二人が結婚し…

イシグロキョウヘイ監督 「サイダーのように言葉が湧き上がる」

映画2.イシグロキョウヘイ監督 「サイダーのように言葉が湧き上がる」(2021・日本) ・・・うーん。悪くはないんだけど、きれいな恋愛物語で、あまりにきれいすぎるゆえに、私はあんまり好きじゃないかな? 10代のときに、こんなにきれいな恋愛をした…

「フルーツバスケット 2nd season」第9話

第9話「大切な俺の・・・」 どうでもいいことなのかもしれないが、この作品で、部屋の間取りとかどうなっているのか、なんとなく気になる。 暁人さんがいた部屋の襖を開けたら、そのまま外になりそうで、なんかおかしくない? これ。と、ツッコみたくなって…

アンディー・コイル監督 「ヒルダと山の王」

映画1.アンディー・コイル監督 「ヒルダと山の王」(2021・イギリス) 誰だって、母親には会いたいのかもしれない。その気持がみんなを動かし、異種族の間に理解と交流が生まれる。そういう物語って、ステキだなあ。と思いました。 今回のテーマは、母親…

「アトム ザ・ビギニング」第2~5巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー

コミック1.「アトム ザ・ビギニング」第2巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カサハラテツロー 小学館ヒーローズコミックス コミック2.「アトム ザ・ビギニング」第3巻 原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆうきまさみ 漫画:カ…

「フルーツバスケット 2nd season」第4~8話

第4話「ふられたんだぁ・・・」 第5話「待ってろとろろソバー!」 第6話「馬鹿かい? 君は」 第7話「スイカ割り大会を始めるのよーっ」 第8話「だってホントのことだろ」 2021年のまとめを作っていた間、感想日記は停止していたんだけど、その分、…