星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「愛の若草物語」第21話

第21話「発表!はりきりジョオの自信作」 発表というからには、ジョオのお芝居を見せてくれるのかと思ったけど、そんなことはなかった。練習風景だけ。

「愛の若草物語」第20話

第20話「ジョオのお見舞いは元気がいっぱい!」 こうしてみると、ジョオとローリーも、そこそこいいカップルに見えるなあ。仲良さそう。 ジョオとローレンスさんが初めて出会う。

「MW」第2巻 手塚治虫

コミック79.「MW」第2巻 手塚治虫 講談社手塚治虫文庫全集 「MW」完結編の他に「火の山」「ペーター・キュルテンの記録」「もの憂げな夜」「ラインの館にて」を収録。 「MW」以外は、全部初読み。「MW」と同時収録されるだけあって、なかなかエグい…

「愛の若草物語」第19話

第19話「おこげドレスと素敵な紳士」 ローリーが、若いながらも、礼儀をきちんと心得ていて、丁寧に相手をしてくれるので、好感が持てた。たしかに、いいところのお坊ちゃん。という感じはする。

「愛の若草物語」第18話

第18話「メグとジョオ舞踏会にデビュー!?」 結局、キング家の舞踏会には参加できなかったけど、他の家の舞踏会には招待されたわけで、良かった。ジョオとローリーが、ここで初めて出会う。

「愛の若草物語」第17話

第17話「ジョオとリンカーン大統領の演説!」 リンカーン大統領の演説は、ゲティスバーグの戦没者墓地で行われたと、そういう情報は勉強になる。 基本的には、医者嫌いのマーサおばさまを、説得して、医者に見せる話だった。

「MW」第1巻 手塚治虫

コミック78.「MW」第1巻 手塚治虫 講談社手塚治虫文庫全集 何年かぶりに再読したけど、やっぱり、面白い。悪の魅力全開のほうが、手塚漫画はいいと思う。 一方で、この作品の一番のポイントは、澄子さんだろう。という感じがする。女の描き方に悪意がこも…

「愛の若草物語」第16話

第16話「ひどい! メグは泥棒なんかじゃない!!」 メグとジョオが舞踏会に行くことになるのは原作にあるけど、そこに行くまでに、いろいろ道筋をつけなきゃいけない。ということなんだろうな。と思った。

「愛の若草物語」第15話

第15話「お隣からのぞく不思議な少年!」 ここからOPとEDの歌が変更。前の歌のほうが良かった気がするんだけど、なんで変更になったのかな? ローリーは、今の視点で見ると、本当にまだ子供に見えるな。アンソニーとは違う。

「愛の若草物語」第14話

第14話「エイミーと悪い友だち」 お隣のローレンス老人とローリィ、初登場。

「ルードウィヒ・B」 手塚治虫

コミック77.「ルードウィヒ・B」 手塚治虫 潮出版社 すごく面白いんだけど、未完なのが残念。最初に読んだときから、同じ感想しか出てこない。なんで、続きが読めないんだよ。という無念さが、

「愛の若草物語」第13話

第13話「私たちの変な家」 アンソニーの紹介で、マーチ一家は貸家を見つけることができた。アンソニーとジョオがなかなかいい雰囲気を作っている。いいカップルに見えるんだけどな。

「風と共に去りぬ」第3巻 マーガレット・ミッチェル

読書20.「風と共に去りぬ」第3巻 マーガレット・ミッチェル 新潮文庫 順調に面白い。タラを守るために、なりふり構わず頑張るスカーレットのたくましさに感心する一方、彼女の悪女としての見せ場もちゃんと用意されている所が良いな。と思った。 レット・バ…

「愛の若草物語」第12話

第12話「雷なんて大嫌い!」 どこに雷なんて出てくるんだろう? と思っていたが、ラストだったか。

「愛の若草物語」第11話

第11話「マーサおば様はお気の毒!」 マーサおばさまの遺産で、ジョオはプラムフィールドをもらったんだよなあ。と思うと、感慨深い。最終的に、そのぐらい気に入られたということで、その前に、おばさまたちは、ジョオの父親をそのぐらい買っていたという…

「愛の若草物語」第10話

第10話「ほめられて けなされて」 アンソニーは、新聞記者らしく、きちんとジョオの作品を読み、的確な批評をくれた。ちゃんと大人らしい対応に見えて、好感が持てる。 ゲティスバーグの戦いについて、記事にしたいので、ジョオの話を聞きたいと家にやって…

「愛の若草物語」第9話

第9話「怒りん坊のジョオ!」 自作の小説を新聞社に売り込みに行くジョオ。ここまで自信たっぷりに、この小説なら読者も喜んでくれますわ! と言い切れるのがすごいな。むしろ、これができなきゃ、プロの作家にはなれないのかもしれないが。

「愛の若草物語」第8話

第8話「お家を貸して下さい!」 家を一軒借りるときの値段とか、この時代の相場をどの程度ちゃんと調べてあるんだろう? やっぱり、そういうのがわかってないと、こういう物語って描けないよね。 「風と共に去りぬ」に出てきた、これが噂の合衆国紙幣! と…

「愛の若草物語」第7話

第7話「おば様はいじわる!」 今の視点で見ると、おばさまの気持ちがよく分かるな。お金持ちのお年寄りだからこそ、無条件に当てにして、頼ってくるものがいっぱいいて、そういう連中に対して、腹を立てている。ってことなんだろう。 ただ、なんのかんの言…

「ネオ・ファウスト」 手塚治虫

コミック76.「ネオ・ファウスト」 手塚治虫 朝日新聞社 何年かぶりに再読。この間読んだ「バンパイヤ」もそうだったけど、手塚漫画は、悪の魅力を描いたほうが冴えるね。と思った。 途中で終わっているのが、つくづく残念。この続きを読みたかった。

「愛の若草物語」第6話

第6話「さよなら ふるさと!」 ゲティスバーグで大規模な戦いがあった。と言う割には、鉄道は無事だったみたいで、マーチ一家は、ゲティスバーグの駅から汽車に乗って、ニューコードへと引っ越しをする。 ジョンが一緒の列車にタダ乗りしていたというエピソ…

「愛の若草物語」第5話

第5話「町が燃えてしまう!」 ゲティスバーグって大体、どのあたりなんだろう? と思ったので、調べてみたけど、ペンシルベニア州っていうのは、アメリカでも結構、北の方みたいで、そこまで南軍が来ていたということなんだね。と、分かった。 しかし、北軍…

「愛の若草物語」第4話

第4話「戦争がはじまる!」 ゲティスバーグの戦いの名前は、今、読んでいる「風と共に去りぬ」でも出てきたので、そのぐらい有名なのかと、勉強になった。 この物語のほうが、「風と共に去りぬ」よりも、少し前の出来事になるわけで、ただ、彼女たちは、や…

「愛の若草物語」第3話

第3話「あぶない! 早く逃げて!!」 アメリカの家って、本当に広いなあ。と、そういうところに感心してました。物置も広いし、地下室も広い。たくさん収納ができそうで、羨ましい。まあ、そういうところに、冬の保存食とか、溜め込んでおくんだろうけどね…

「愛の若草物語」第2話

第2話「ミルキー・アンを拾った」 汚れた子猫を「かわいそうに」と拾って、温めてやるベスとの対比として、「うわ。気持ち悪い」と騒ぐエイミーが描かれているのかもしれないな。と思った。 ジョーは、やさしいベスのことは好きだけど、自分のことしか考え…

「バンパイヤ」第2巻 手塚治虫

コミック75.「バンパイヤ」第2巻 手塚治虫 講談社手塚治虫文庫全集 第1部は、全集でさんざん読んでいたので、なんとなく覚えていたが、第2部は、かなりあとになってから、少し読んだきりだったので、全然覚えてなかった。初めて読んだのと変わらない。で…

「愛の若草物語」第1話

第1話「パパが帰って来た!!」 原作は全巻既読。最初だから、四姉妹それぞれの紹介編という感じですね。

「風と共に去りぬ」第2巻 マーガレット・ミッチェル

読書19.「風と共に去りぬ」第2巻 マーガレット・ミッチェル 新潮文庫 スカーレットのアトランタでの生活と、その破綻。戦争はまだ遠いことだと思っていたのに、どんどん近づいてきて、一気に押し寄せてくる。その怖さが、迫力と臨場感を持って、迫ってきま…

「王様ランキング」第23話

第23話「王様と太陽」 カゲちゃんが、可愛くて、健気で、いい感じ。カゲちゃんにこそ、幸せになってほしいと願います。

「王様ランキング」第22話

第22話「魔神との約束」 正直、ミランジョのやったことはひどすぎると思うので、この結末でいいのだろうか? とは思う。