読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「モンテ・クリスト伯」第2巻 アレクサンドル・デュマ

読書

読書17.「モンテ・クリスト伯」第2巻 アレクサンドル・デュマ 岩波文庫

ファリア司祭の死と、脱獄と、うまい具合に沈んだ船の乗員のふりをして入れ替わり、別人として再出発したエドモンの物語は、波瀾万丈でわくわくさせられ、どうするんだろう? どうなるの? と、ずんずん読ませてもらい、楽しませてもらいました。かつての恋人の行方と、父親の死を知るために、昔の知人を別人のふりをして訪ねたり、彼のために献身してくれた恩人に恩返しまでして、ここでもう、ひとつの物語が終わっているよね。と、満足しました。

だから、途中からいきなり話が急展開して、フランツとアルベールの物語になったときには、ちょっと困惑。ここから復讐譚が始まるんだろうけど、いい人だったはずのエドモンが、数年後に変貌しているのは、ちょっとショックというか。

モンテ・クリスト伯〈2〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈2〉 (岩波文庫)