読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「論語」  加地伸行

読書

読書22.「論語」  加地伸行 角川文庫

中国について勉強したくて読んでみました。「論語」の直訳と言うよりは、初心者のための入門書。「論語」が書かれた経緯や、孔子とはどういう人だったのか、生い立ちから始めて、一生を説明してある。著者が、孫が中学生になったときに読ませたいとして、読者想定を中学生としてあるから、読みやすく、わかりやすい。

中国の国教である儒教は、「論語」から始まり、朝鮮半島や日本、ベトナム北部に及ぶ東アジア全域に影響を与えている。先祖崇拝や、日常のいろんなことにその面影を見ることができて、面白かった。

 

論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)