読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「うしおととら」第16話

第16話「変貌」

・・・うーん。なんか、これはね。怒るというより、ため息モノなんですよね。あまりに展開が早くて、物語の余韻を楽しむどころじゃないというか。情緒もへったくれもなく、とにかく、どんどん急いで進めているという感じ。

確かに、原作通りの展開だし、その通りのセリフを喋ってはいるけど、これだと、せっかくのセリフも全然胸に迫らない。ただ、やっているだけになっている。

潮が槍に取り込まれる展開は、物語的に一番盛り上がるところなんだから、もっとじっくり描いてほしかったし、私なんかは特に、一日一話ペースで見ているから、この間、槍を引き抜いたばかりで、旅も始まったばかりでしょ? ろくろく妖怪なんか倒してないのに、もう変貌?? という感じに見える。

物語にスピード感があって、やたら女の子ばかり出てくるのも、今のアニメの特徴という感じもするんだけれど、これだと、潮が、やたら女にばかり甘いみたいで、なんか違う感が絶望的なくらいに感じる。違うんだよ。潮は、女にばかり甘いんじゃなくて、誰に対してだって、老若男女問わず、とにかく優しいんだよ。と、一生懸命、叫びたい。

しかし、それこそ、これも、原作を知っている人にしか、わからないでしょうね。やっぱり、ため息モノだ。

あと、イズナの声のイメージも、かなり違って、がっかり感が強かったことも言っておこう。個人的に、イズナの声優さんは、あの人のイメージなんだよなあ。というのがあるんだけど、声はわかるのに、名前が思い出せない。ううう。とにかく、この声じゃないんだ。

なんか、いろいろ、偽物感が強くて、結局、また「だから、アニメなんか見ないで、原作を読んでくれよ」と言いたくなっちゃうんだよね。困ったことに。