読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「覇王体系リューナイト アデュー・レジェンド」第12、13話

第12話「宝珠の光」

第13話「覇道の終焉」

もう、ラストなので、一気に見ました。多少、ネタバレもあるので、気にする人は、注意です。

ギルツがウォームガルデスに取り込まれることによって、はじめて、彼の心が明かになる。過去も想いも伝わって・・・。アデューがそれを受け止めなきゃいけない。

「力なんか、いらないよ!!」と叫ぶ、アデューの想いが胸を打つ。

「剣突き立つ大地」と言われたアースティアの設定を、ちゃんと生かした物語は、この作品だけだ。「リューナイト」は、テレビ版もコミック版も見たけど、そこまで描いてなくて、なぜ、剣が突き立っているのか? という疑問には答えてくれなかった。

この作品でも、具体的に描かれているわけではないが、「神が剣を与えた」という台詞は、何度もくりかえされている。

「なんで、神様は、人に剣なんか与えたんだ。恨むぜ、神様・・・」

この台詞をアデューに言わせただけで、この作品の価値はあったと思う。