星の原休憩所

映画、アニメ、読書など、趣味の感想記録です。

「火の鳥 少女クラブ版」 手塚治虫

コミック57.「火の鳥 少女クラブ版」 手塚治虫 講談社手塚治虫文庫全集

この「火の鳥 少女クラブ版」は、全集で買って、昔、くり返し読んだものだったが、今、読むと、ただの古いマンガにしか見えなくて、なんで、10代のときの私は、これがそんなに好きだったのかと聞いてみたいんだけど、もう無理だな。

漫画少年版」は、COM版の黎明編のもとになっているという意味で興味深い。それぞれのキャラの原型が色々出てくる。少女クラブ版にいた動物たちも原型として登場してくるし。それぞれの作品で、火の鳥は、3000年生きる・・・という設定になっているので、手塚治虫は、火の鳥で、3000年分の歴史を描きたかったのかな? と思った。